• HCCnichigo

2021年2月10日ディボーション

第一ペテロの手紙 3章

「神のみこころであるなら、悪を行って苦しみを受けるより、善を行って苦しみを受けるほうがよいのです。」17節

●語られたこと:


 私は、クリスチャンになりたての頃、ここの3章を読んでいて、文字だけの理解をしてクリスチャンライフにいきづまったことがある。

みことばの文脈を追求していくということがまるでわからなかった。今でもそれとのたたかいである。主にすがって祈っていかなければ、聖書の、神の語られることが理解することができない。このディボーションブログに投稿させてもらう機会が与えられて、私自身、神に祈り日々のみことばがあたえられるということは、大変な恵みであり感謝なことである。


 パウロは、妻たちに忠告している。「みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって夫は、あなたがたの、神をおそれる純粋な生き方を目にするから。」と語っている。無言のふるまいこそ神のみこころに生きていくことではないかということが語られた。私は、無言のふるまいができるような人ではない。つい多言したくなるような人である。そしたら、そのような時は、どうすればいいのか。その時は、イエス様に向かって思い切り爆発するようにしている。他者を傷つけることなく、自分自身も落ち込まない。イエス様は聞いてくださるお方で、みことばをもってこたえてくださるから。

 さらに、「表面の飾りにとらわれずに、うちなるものを心の中にかくれた人を飾りなさい。」と言われたことは、決して表面に固執してはいけないこと、それは自分自身を見失うから、信仰から離れやすい自分になるからだとおもわされた。飾ってもいいけれど、大事なものは何であるかということを、耐えず自分自身に問いただして、心の中にかくれた人を飾れるようになりたいものである。


 夫たちにも、「妻が自分よりも弱い器であることを理解し、いのちの恵みをともに受け継ぐものとして尊敬なさい。」と忠告している。

 そして、「夫婦は、一つ思いになり、同情し合い、兄弟愛を示し、心の優しい人となり、謙遜でありなさい。」8節 と忠告している。

 どれもイエス様そのものを示している。夫婦だけではなく、他者にたいしても同じことを語っているのである。なぜなら、これらのことはすべて神様のみこころだから。神様のみこころに従って歩んでいくことが、どれだけ重要なことであるかを思わさられる3章である。パウロがイエス様から弟子訓練を受けた時の学びが、ここに私達にいろんな形で語られていることは、恵みであり感謝である。聖書を読み、みことばにふれさせていただき、それを自分の糧として、人々に伝えることが神の喜びであり、又、私達に望まれておられることではないだろうか。


●祈り:

 愛する天の父なる神様、今日のみことばをあたえてくださってありがとうございます。聖書を理解するのに乏しい無知な私です。日々あなたに祈り、あなたのみこえを聴くことができますように、そして、あなたのみこころを知り、歩むことができますように助けてください。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com