• HCCnichigo

2021年2月1日ディボーション

旧約聖書 列王記第二19章


「主よ、御耳を傾けて聞いて下さい。主よ。御目を開いてご覧ください。」16節


●語られたこと:


窮地に陥った時、人はどこに頼るのか? アッシリアの王に降伏せよと言われた、ユダの王 ヒゼキヤ。「彼は、すべて祖父ダビデが行ったとおりに、主の目にかなうことを行った」(18:3)とあるように、ヒゼキヤはそんな絶体絶命の時に主の前で祈った。(15節)そこには主に絶対的な信頼をおくヒゼキヤの姿を見ることができる。

 はるか昔、私がまだイエス様を知らない頃。絶体絶命まではいかないが大変な事は沢山あった。今思うと、イエス様を早く知っていればヒゼキヤのように祈れたのではないだろうか? そうすれば余計な心配で振り回され、余計な行動せず、不眠にもならず今日まで生かされていたかもしれな・・・と思うと、遠回りの人生だった事に気付かされた。

 困った時の神頼み、と日本で言われることがある。まさにその通り。困った時にホームベースのような場所に戻ってくる私。それがイエス様の父である神様の元。帰れる場所があると言うことはなんと心強い事か。以前は一人で悩んで泣いていたことも、今はヒゼキヤのように問題があると、神様の前に包み隠さず話せるようになった。そのようにできるようになったのも、神様が私を見捨てず、今日まで養ってくれたから。心からありがたいと思う。

 神様に打ち明ける? え? とクリスチャンでは無い人に説明すると、? の嵐が帰ってくる。しかし私が信じる神様はいつも聴いてくださり、私たちがどんな事をしているのか、ひどい目にあわされているのか見ていらっしゃる。そして、報いてくださる。沢山の恵を頂いたからこうやって神様を信じて過ごすことができる。ヒゼキヤのように窮地の時はもちろん、日々の感謝も神様に聞こえるように、見てもらえるように表現していきたい。

●祈り:


 天の父なる神様。今日も沢山の学びをありがとうございます。あなたを信じて、あなたに向かって心の中を開け放す時、あなたは必ず私たちの声を聴き、見ていて下さいます。心から感謝いたします。どうぞこれからもヒゼキヤのようにいつもあなたの元に立ち帰れる強い心、揺るがない心を私に与えて下さい。そして、あなたが聴いてくださる神だと言うことを知らない人に貴方の愛を述べ伝えることができるよう、力を与えて下さい。主イエスキリストのお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com