• HCCnichigo

2021年2月 9日ディボーション

1ペテロ2章

『人を愛する秘訣は?』

●学び:

2章はいきなり「ですから」という言葉で始まります。ということは、やはり前の章、1章が大切だというのです。イエス・キリストは聖書に生き、救い主であったのです。 

それならどのように生きるのかという事を具体的に述べたのがこの章です。これが1章と2章が逆の解釈になるとダメだという事です。

人の成長は今までの生き方を変えて新しく生きる事です。しかし、自分にはその力がありませんし、人々の生き方を真似る者であってもなりません。

使徒ペテロもその事を思い知ったのです。どのようにしたら新しい生き方になるのか? また具体的に人を愛するとはどういうことなのかを分かりやすく書かれています。この世に生きる方法とは?

私たちの中心はイエス・キリストの生き方です。そのために私たちは召されたのです。それではどうしたら人を愛する生き方が出来るのかを詳しく述べられています。ぜひこの章を味わって自分のものとしていただければ幸いです。


●お祈り:


天のお父様、先輩であるペテロが私たちに残した言葉を味わうことが出来て感謝します。ペテロのように分かっているけれど、この世の流れに染まってしまう私であり、私たちです。ペテロさんが教えて下さった秘訣をいつも心に留めて日一日を過ごせる者としてください。

主のみ名により集まってくる人を助け導いてください。また弱っている人を励ます力を今日も与えてください。 

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月28日ディボーション

1歴代誌13章 この章には、衝撃的な事件が記されている。 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりに

2021年2月27日ディボーション

歴代誌一 12章 『一心不乱の信仰』 ●学んだこと: 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命が

2021年2月26日ディボーション

歴代誌 第一 11章 「万軍の主はわれらとともにおられる」 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている) そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。 「ダビデは