2021年12 月9日 ディボーション

詩篇第四巻 99篇


“Our God Answers Our Prayers”

  

 私たちは主の足元にひれ伏して礼拝するのです。6-9節は、神の一貫したご性質を思い起こさせるものです。神の祭司モーセ、アロン、サムエルが、ヤハウェに呼びかけると、ヤハウェは答えてくださいました(6節)。

 神はご自分の民に語りかけ、民は神の言葉に従うことで答えました(7節)。最後に、神はその民を叱り、赦すことで答えられました(8節)。そして、詩篇99篇は「私たちの神ヤハウェは聖なる方」(9節)であることを再確認して終わります。ここでも、私たちの神の聖さに対する唯一の応答は、神を高く上げて礼拝することです。

 

 詩篇99篇の大きなテーマはヤハウェの聖性です。神は聖なるお方であり、私たちの反応は常に賛美と礼拝であるべきです。賛美するとき、私たちは単に歌を歌うだけではなく、神がどのような方であるかを常に思い起こさなければなりません。

 私たちは、この世の有名な人に対しては、そうでない人とは異なる方法で接することがよくあります。例えば、イギリスの女王や日本の天皇を目の前にしたら、どのように接するでしょうか。もちろん、彼らを崇拝することはありませんが、普通の人として扱うこともありません。敬意と尊敬をもって彼らに接するでしょう。

 私たちは毎週日曜日に教会に来て、全宇宙の創造主である神(王)を礼拝します。私たちの心と態度もまた、名誉と尊敬に満ちたものでなければなりません。しかし、それは日本の天皇陛下に反応するよりも何倍も大きいものでなければなりません。私たちは、神をすべての人々の上に高く掲げ、神を礼拝しなければなりません。

 

 第二のテーマとして、神のご性質の一貫性があります。神は私たちのすべての崇拝に値するだけではありません。全宇宙の創造主である私たちの神は、私たちが祈るとき、その祈りを聞いてくださいます。神の独り子である究極の大祭司イエスが私たちのために執り成してくださるからこそ、神は私たちの祈りを聞いてくださるのです。

 イエスは私たちの祈りを聞いてくださいます。私たちが祈ると、イエスは私たちの祈りに答えてくださいます。イエスは、私たちのすべての賛美と崇拝にふさわしい方です。

 

 天の父よ、今日はあなたの聖なる御言葉をありがとうございます。父よ、あなたが聖なる方であり、私たちの王であり、私たちのすべての礼拝に値する方であることを思い出させてくださり、ありがとうございます。神であるあなただけが、高く上げられなければなりません。父よ、あなたの愛に感謝します。あなたは私たちをとても愛しておられるので、独り子イエスを私たちの間に遣わしてくださいました。私たちは毎年クリスマスになると、この歴史を変える出来事を思い起こします。父よ、イエスを私たちのすべての祈りを聞き、答えてくださる究極の大祭司として立ててくださったことを感謝します。父よ、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, Amen.



“Our God Answers Our Prayers”

 

Psalm 99 begins by reminding the reader of listener that Yahweh, our holy God, reigns. The Hebrew word used for “reign” is “melek,” that can also be translated as “king.” Therefore, Yahweh reign is also a kingly reign. Yahweh’s earthly throne is the Arc of the Covenant between the two cherubim. Yahweh is lifted high over all the people. Our response to Yahweh’s holiness is to praise His holy name. Verses 4-5 explains that the King, Yahweh, loves justice. Psalm 99 also explains that God is the one that established equity. Again, our response should be to worship at His footstool. In this case, we worship by bowing down to His feet. Verses 6-9 serves as a reminder of God’s consistent character. The priest Moses, Aaron, and Samuel all called out to Yahweh and He answered. God answers prayers. God’s priests called out to Yahweh and He answered (vv. 6). God spoke to His people and they responded by obeying God’s word (vv. 7). Finally, God also answered by rebuking and forgiving His people (vv. 8). Psalm 99 ends by reminding us again that “Yahweh, our God is holy” (vv.9). Again, our only response to His holiness is to lift Him up high and worship Him.

 

The major theme of Psalm 99 is Yahweh’s holiness. God is holy and our natural response should always be praise and worship. As we praise and worship God, we must not merely sing songs but constantly be reminded of Whom He really is. We often treat famous people on earth in different ways that we treat non-famous ones. How would you treat the Queen of England or the emperor of Japan if you came face to face with them? Of course, we would not worship them, but we would also not treat them as ordinary people either. We would threat them with honor and respect. When we come to church every Sunday, we worship God, or King, the Creator of all the universe. We minds and attitudes should also be one of honor, and respect. But this must be many times greater than that of reacting to the Emperor of Japan. We must lift God up high over all people and we must worship Him. 

 

As secondary theme is the consistency of His character. Not only is God worthy of all of our worship. Our God, the creator of all the universe, hears our prayers when we answer. He hears our prayers because we to have the ultimate High Priest, God’s only Son, interceding for us. Jesus hears our prayers. Jesus answers our prayers when we pray. Jesus is worthy of all our praise and worship.

 

Thank you, heavenly Father, for Your holy Word today. Thank you Father, for reminding us that You are holy, You are our King, and You are worthy of all of our worship. You alone, God, must be lifted up high. Thank You, Father, for Your Love. You love us so much that you sent Your only Son Jesus to be among us. We are reminded of this history-changing event every Christmas. Thank you Father for establishing Jesus as our ultimate High Priest who hears and answers all of our prayers. Thank You Father. We love You Father. In Jesus Name we pray, Amen.

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱