2021年12月8日 ディボーション

詩篇第四巻 98篇


主は奇(くす)しいみわざを行われた。」(1節)


 昨晩大雨が降った。冬はハワイの雨季。いつもは乾燥して茶色のダイアモンドヘッドも緑色のグリーン・ダイアモンドヘッドになる。私はこの緑濃い山が大好きだ。しかし海抜0メートル地点に住んでいる我が家は気が気ではない。案の定、近所の川は溢れ、隣接する公園に大きなドブのような池が登場していた。それを見ながら日曜日の説教の話を思い出した。


 『あなたの内から永遠の命に至る泉が湧き上がっているのです』


主の奇しいみわざ」によってバビロン捕囚から解放された筆者。その喜びを歌う詩篇。長年の捕囚の間に、私たちの主を蔑むような言葉を異国の人々から浴びせられ何度となく心が折れそうになっている。その様は、これまでの詩篇に沢山表現されている。まさに、清水湧き出る場所がドブの水で汚染されるかの如く、心も汚染されそうになった事だろう。しかしそんな弱い私の心の中に主はいつも新しい清水を注いでくださる。

それは主の愛。永遠の命に至る泉の水。その水が枯れることはない。いつも私に注がれる。それを日々感じ取れるようになった事を感謝せずにはいられない。筆者が救われた時に賛美したこの歌の喜びの意味が分かる。


 ルカの福音書1章のマリア賛歌とこの詩篇が共通しているところから、98篇は旧約のマリア賛歌と呼ばれているらしい。(ちいろば牧師の一日一章より、榎本保郎著)


私のたましいは主をあがめ、私の霊は私の救い主である神をたたえます。この卑い はしために目を留めてくださったからです。」(ルカ1:46~48)


 マリアの謙遜さに心打たれる。

 どこの馬の骨か分からない私に、主が目を留めてくださり愛を注いでくださっている事じたい奇しき主の御技。礼拝に参加して主の臨在の中で癒される日曜日。朝に、夕に、主の御言葉から愛をいただく幸せ。それを噛み締めることができるようになった事、そこまで主が辛抱強く待ち、導いて下さった事に感謝せずにはいられない。


祈り

だれでも私を愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。」(ヨハネ14:23)

天の父なる神様。あなたが毎日注いでくださる愛の水を感謝して受け取ります。どうぞいつも私と一緒に住んでください。心が折れそうな時にはどうぞ叱咤激励してください。あなたの愛によって、今日も生かされている事に感謝します。

イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。



閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱