2021年12月7日 ディボーション

詩篇第四巻 97篇


 この97篇は、93篇から99篇のテーマである「王の詩篇」と呼ばれる詩篇の一つで、その特徴は「喜び」である。

 先日のブログにも言及されていたが、ダビデは契約の箱を運び入れ、ダビデの幕屋を建て、そこに賛美奉仕者を常駐させた。そのダビデの幕屋の特徴とは、喜びと楽しみである。

「シオンは聞いて喜び、ユダの娘たちも、小躍りしました。」(8)

 詩篇には、踊りの賛美が出てくる。どんな民族にも踊りというものがある。踊りとは、心の内にある想いを身体で表現することだ。心の内を表現することを恥じたり、周囲の目を気にしたり、心が抑圧されていると、踊りがなくなる。踊りとは、心の解放された姿だ。

 私自身、もっともっと踊りたいと思う。身体全体で、主への喜びを表現したい。でも性格なのか、民族性なのか、踊れる自分になるまでには、少々時間が要る。よほど盛り上がらなければ踊れない。若い時は、ストリートやディスコで散々踊ったのだが。

 でも踊りたい。主への喜びを爆発させるようにして表現したい。ダビデが、契約の箱を運び上ったとき、恥も外聞もなく裸で喜び踊ったように、私も心から踊りたい。

 

「光は 正しい者のために蒔かれている。喜びは 心の直ぐな人のために。」(11)

 ここには、喜びの種が蒔かれていると記されている。この喜びの種が、もっともっと花を咲かせ、実を結んで欲しい。踊れば踊るほど、この種は成長しくのだ。

 ただし、それはまだ種なのだ。私たちが今いただいている喜びは、完全なものではない。喜べる時もあれば、喜べない時もある。しかし種は蒔かれている。やがて全被造物が贖われるその日には、喜びの実が完全に実るのだ。そして、この96、97篇の大讃美が永遠に捧げられる時が来るのだ。

 その時には、恥も外聞もない、ただただ主を見上げて、思う存分に喜びを表現できるのだ。その日を待ち望んで生きていきたい。

 

 天の父なる神さま。あなたを喜び楽しみます。踊りをもって、全身で主への喜びと楽しみを表現できますように。私の心を解き放たってください。内に与えられて喜びの種が豊かな実を結んでいきますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 

閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱