2021年12月5日 ディボーション

詩篇第四巻 95篇


 1節から6節を読んでいて、今、自分も、主に向かって賛美したくなるような気持ち

に動かせられる見事な聖句である。

 礼拝とは、心から主を賛美することが語られている。この作者は捕囚から帰還して神殿が

再建された喜びにみち溢れた気持ちになって礼拝したのだろう。


「さあ 主に向かって 喜び歌おう。私たちの救いの岩に向かって 喜び叫ぼう。」 1節


「感謝をもって 御前に進み 賛美をもって 主に喜び叫ぼう。」2節


「まことに主は大いなる神。すべての神々にまさって 大いなる王である。」3節


 私は歌うことが大好きである。学生時代は、コーラス部に入ってよく歌ったものだ。カラオケブームになった時はめちゃくちゃ歌った。でも何も残るものがなかった。ただその場限りの自己満足にすぎなかった。だが、クリスチャンになって聖歌を歌うようになってからは違った。心の中に響いてくるものがあって、喜びで満たされて涙が出てくることが多々にあった。賛美するたびに喜びと感謝の気持ちでお腹の底から力強く歌っている自分がそこにいた。今でもそうである。賛美するたびに心が満たされるのである。聖日礼拝で主の前で賛美することができるということは、私の喜びであり感謝である。


 4節から6節では、この自然界を造られたのは主であることが述べられている。そして、その自然界を造られた主に、来て、ひれ伏し、御前にひざまづこうと語っている。神への最高なる感謝と喜びを体全身でもってあらわしているのだ。ひれ伏すことが礼拝である。


 7節から神の警告に変わっていく。

 神の御声に聞くなら、あなたがたの心を頑くなにしてはならないと語っている。

 どういうことかというと、8節以降で語っている。メリバや荒野のマサで起こったこと。つまり、神がなさったわざをみていたのにもかかわらず、先祖は、神ご自身を試み、試したということである。それゆえ、神は、心の迷った民に対して、


「そのため わたしは怒りをもって誓った。彼らは決して 私の安息に入れない」11節


 ひれ伏して神の御声に聞き従わなければ真の安息に入れないということである。真の礼拝を捧げることはできないということである。私達が、神に真の礼拝をささげる心の在り方が示された。


祈り

主の御名を賛美します。

神を賛美し、神にひれ伏し、神の御声に聞き従っていくことができる日々を歩むことができますように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱