2021年12月27日 ディボーション

詩篇第五巻 117篇


『福音は主の恵み』


 詩篇117篇は聖書の中で最も短い章であり、また聖書の中心に位置する章でもあると学んだ。非常に短いが、これこそ、聖書が最も語ろうとしていることではないだろうかと思う。


「すべての国々よ 主をほめたたえよ。すべての国民よ 主をほめ歌え。

主の恵みは私たちに大きい。主のまことはとこしえまで。ハレルヤ。」1−2


 主の恵みは、イスラエルの民にだけではなく、異邦人にも届けられた。それは主が、アブラハムと契約を結んだその日から、約束されていたことである。「わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたを呪う者をのろう。地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」(創世記11:3)とあるように、神は、イスラエルの民を用いて、異邦人たちを祝福された。


 しかし彼らは、イエス・キリストを救い主として認めなかったがゆえに、彼らに与えられるべき祝福は据え置かれてしまっている。今も救い主を待ち望むイスラエルの人たちにとって、イエス・キリストは異邦人の神である。しかし救い主は、旧約聖書の預言通り来られた、のである。


 この世に人としてお生まれになり、人として死に、そして、よみがえらえられたイエス・キリストである。そして、そのことを信じる者には、永遠のいのちが約束されるのである。

 

 すべての国々、すべての国民に福音を伝えること。それが福音を委ねられた私たちの、イエス・キリストの弟子としての、役目ではないだろうか。特に終末が近いと言われる今、一人でも多くの人に、福音が宣べ伝えられるよう、祈りたい。私たち一人一人の行いが滴となり、その一滴が静かな水面に大きな波紋を描くごとく、福音が広まっていくよう、備えようではないか。


 祈り:神さま、あなたの御名を賛美します。すべての国の人たちがあなたの御名をほめたたえますように。あなたのみことばを、多くの方々に伝えたい。どうか、用いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱