2021年12月24日 ディボーション 

詩篇第五巻 114篇


 神様は、私たちのために、大切なひとり子イエス様を地上に送ってくださった。

 御子イエス・キリストは、人間の罪を全部背負い、身代わりとなって十字架にかかるためにお生まれになった。

 私たちは、罪から解放され、永遠のいのちを与えられた。肉体は消えても、神様に守られているたましいは、永久に滅びることはない。


 主イエス・キリストは、空っぽな心に、あふれんばかりの愛を注いでくださる。

 心の傷、痛み、憎しみ、悲しみを取り除いてくださる。何の役にも立たないイライラする気持ち、焦る気持ち、ザワザワと心騒ぐ気持ちを落ち着かせ、癒してくださる。

 そして、岩のように頑固な心を、水の湧き出る泉に変えてくださる。


「神は 岩を水の潤う沢に変えられた。硬い岩を 水のあふれる泉に。」(8節)


 水は、どんな形の器にも収まる。丸でも四角でも、細くても太くても、高さがあってもなくても、その器の形に合わせて入る。また、水は高い所から低い所へ流れる。

 水は、神様の愛に似ているなと思う。

 愛の源泉である神様は、私たちを愛しておられる。


「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

(ヨハネ3章16節)


 私たち神の家族は、いつも、父なる神様に支えられている。イエス様によって励まされながら、苦難の道をも恐れずに、勇気をもって歩むことができる。

 勇気とは、不安が消えるまで待っているのではなく、たとえ不安でも前に進むこと。


 私たちは神様の愛に守られている。そのことを、心に留めて過ごしたい聖夜。


祈り:

 愛する天のお父様。落ち着かない世の中にあっても、今年も無事にクリスマスイブを迎えることができたことを感謝します。世界が愛であふれる場所になりますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:45回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱