2021年12月20日 ディボーション

詩篇第5巻 110篇


『与えられた福音』


 旧約時代に与えられた救い主の約束は、イエスがこの世に人としてお生まれになり、人として死に、そして、三日目によみがえられたことで成就した。「主は、私の主に言われた。「あなたは わたしの右の座に着いていなさい。わたしがあなたの敵を あなたの足台とするまで。」」(1)とは、福音である。


 イエスが流された血は、私たちをすべての罪から解放してくださった。そのイエスは、乙女マリヤによって、この世にお生まれになったお方である。クリスマスも近くなり、私たちはイエスの誕生を祝い、喜びが街にあふれる時である。しかし、イエスの誕生は十字架に繋がっていくことを覚えたい。イエスは、私たちの罪の贖いのために、お生まれになったのである。


 一般的に「イエスのはずかしめ」と言うと、十字架までの道のりを指すことが多いが、実はこの「イエスのはずかしめ」は、イエスが人となってこの世にお生まれになった時から始まっていると学んだ時は、驚いたとともにショックであった。普通、子が生まれると言うのは、喜びである。しかし、イエスの誕生は「はずかしめ」だったのである。イエスは人としてお生まれになったが、三位一体の神である。神であるお方が人になられた。人として生き、人として死なれたのである。想像してほしい。神が人となって、私たちと同じように生きることがいかに、私たちにとって恐れ多いことなのかを。しかし、救い主であるイエスは、私たちのためにそのような道を歩まれたのである。

 

 出エジプト記23章は、シナイ契約の条項が書かれた章であるが、その中におもしろい条項がある。

  

 「あなたの敵の牛やろばが迷っているのに出会った場合、あなたは必ずそれを彼のところに連れ戻さなければならない。あなたの憎んでいる者のろばが、重い荷の下敷きになっているのを見た場合、それを見過ごしにせず、必ず彼と一緒に起こしてやらなければならない。」(23:4−5)。


 嫌いな相手の助けなどしたくないと思うのが通常である。しかし神はイスラエルの民に「あなたの敵であろうと困っている時は、助けなければならない。」と教えておられる。ここから、愛は感情ではない、行いである、と学んだ時、ハッとさせられた。イエスは、イエスを迫害する者たち、イエスを嫌う者たちのためにも、十字架にかかって死なれたのである。愛は感情ではなく、行いである、ということをイエスは私たちに証ししてくださったのである。


 神であるイエスが、人として生まれ、人として死ぬという「はずかしめ」をもろともせず、全うされた理由は、私たちの罪を赦すためである。イエスの光は、私たちの心の闇を切り裂き、そこにある罪を明らかにされる。その明らかにされた罪から顔をそむけないで正直に悔い改め、イエスが人となってこの地上に生まれ、人として死に、墓に葬られ、三日目によみがえったことを信じるなら、私たちは永遠にイエスの光の中で生きていくことができるのである。


祈り:主の御名を賛美します。ダビデの時代に与えられた救い主の予言は、イエス様の降誕によって成就しました。恵みの時代に生きる私たちにはイエス様の再臨、そして永遠のいのちの約束が与えられていることを感謝いたします。その時が来るまで、どうか、あなたの福音を一人でも多くの方に伝えることができますように。行いをもってキリストの愛に倣うことができますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱