2021年12月13日 ディボーション

詩篇第四巻 103篇


『主をほめたたえよ』


 出エジプト記を読むとわかるように、イスラエルの民はすぐに神の祝福を忘れる民である。食べ物がないといっては不平を言い、水がないと言っては不平を言う。挙句の果てには、偶像を作ってそれを拝んだりする。どうしてそのような民を神は選ばれたのか、その理由はわからない。しかし、これはそっくりそのまま、私たちに当てはまるものである。「信仰により、恵みによって救われた」ということを知っていながら、無い物ねだりをしている自分がいる。「神は私たちの必要を満たしてくださるお方」と分かっていながら、明日を心配してわずらってしまう者である。それなのに、どうしてそのような者を神は救い、赦されるのか。


 詩篇103篇は、神のご性質が列挙されている。神は罪人を、赦し、癒やし、贖い、冠をかぶらせ、良いもので満たす。なぜなら神は、あわれみ深く、情け深く、怒るのに遅く、恵み豊かだからである。神はいつまでも争わず、怒っておられない。私たちを背きの罪から遠く離し、あわれんでくださる。私たちのすべてを知っておられ、心に留めてくださるお方である。ゆえに:


「わがたましいよ 主をほめたたえよ。

私のうちにあるすべてのものよ 聖なる御名をほめたたえよ。

わがたましいよ 主をほめたたえよ。

主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(1−2)


 ダビデは心から神を愛した人物であるが、神に対して大きな罪を犯した人物でもある。ダビデ自らの体験はまさに、神は正義であると同時に、あわれみと愛に満ちたお方であることを証ししている。私たちも、ダビデと同じく、神を愛しているのに、神に対して罪を犯してしまう者である。しかし、信仰によって悔い改めるなら、神は私たちをあわれみ、赦してくださるお方である。私たちは愛され、守られ、赦され続けている。主をほめたたえることから、1日を始めよう。


祈り:

 わがたましいよ、主をほめたたえよ。主よ、あなたの愛に感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱