2021年12月11日 ディボーション

詩篇第四巻 101篇


「信頼の道、赦しの道」


 今日は2つの御ことばを黙想します。ひとつめは、

私は 全き道に心を留めます。」(2節)

 全き道とは、正しい道、義の道、というよりは、神さまを100%信頼する道、ということではないだろうか。自分が正しくあろうとしても必ずくじける。自分主体で神さまが二の次になりかねない。でも神さまを信頼して歩めば導かれ、道を外すことはない。

 イエスさまは父なる神さまに全き信頼を貫き、十字架にかかられた。そして私たちの罪を赦してくださった。全き道は、十字架を生涯感謝する、赦しの道でもある。

 私は今年の年度聖句に詩篇119:35の下記を提出した。

私にあなたの仰せの道を踏み行かせてください。私はその道を喜んでいますから。

 詩篇119には道がたくさん出てくる。全き道、主の道、さとしの道、戒めの道、真実の道、おきての道、そして仰せの道。

 私にとって、「仰せの道」と聞くと、なんとも素直な気持ちで従いたくなる。喜んで踏み行きたくなる。

 だけど今日101:2「全き道に心を留めます。」を黙想して、心を留めるということはけっこう難しいというか、できていないなあと反省した。

 私の中に、「高ぶる目とおごる心」(5節)がある。心が揺れて留まっていないこともままある。それでも、脱線しながらでも、仰せの道を踏み行かせてくださいと祈るしかないのだ。


 2つめの黙想は、「私の家」(2節、7節)。これは神さまの家を指していると思う。

コロナ禍でリモート礼拝をするようになり、我が家も神の教会であることをリアルに感じられるようになった。コロナのおかげで生活の中に神さまがいてくださる時間が増えて一体化した。

私は家の中を 全き心で行き来します。」(2節)

 だからこんな御ことばも、実感をもって愛唱できるようになった。


 先日水曜日のデボーションの記者が、ヨハネの御ことばを引用してくれた。

だれでも私を愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。」(ヨハネ14:23)

「わたしたち」と、複数だ! 父なる神さまとイエスさま、二人で私の家に来てくださるということか。無限のおしみなき愛。

 ただしイエスさまの御ことばを守ったら来てくださるのだからね、高ぶらないでねと、私は私をいましめる。


 神さま、あなたの家に住まわせてくださってありがとうございます。私はいやしい者ですが、全き道を歩かせていただきたいと祈ります。どうかあわれんで導いてください。鎮まって心を留めることができますよう、御力を貸してください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱