2021年12月10日 ディボーション

詩篇第四巻 100篇


 私は機能不全家族の中で育った。物質的にはかなり裕福な家庭だったが、家族の精神は崩壊していた。暴力、強制、罵りと非難ばかりで、憩いと団らんはなかった。

 聖書を読むようになり、私は私のものではなく、神様のものなのだと知った。糸の切れた風船のように、行き場を失って浮遊していた心は安定した。神様は、糸をしっかり握ってくださり、その手を絶対に離さないという確信をもてた。私という人物の所有者である神様のために、自分を大切に扱わなければ、と思った。


「知れ。主こそ神。主が 私たちを造られた。私たちは主のもの 主の民 その牧場の羊。」(3)


 私は神様に造られ、神の家族の一員だと知ったことで安堵した。不思議なことに、両親に対する感謝の心が芽生えた。育ててくれてありがとう、と思えるようなった。その気持ちを言葉にして父と母に伝えることは、まだ出来ていないのだけれど。


「感謝しつつ 主の門に 賛美しつつ その大庭に入れ。主に感謝し 御名をほめたたえよ。」(4)


「感謝」という字の意味を、漢和辞典で引いてみた。

「感」は、外部の物や事に接して、心が深く動くこと。

「謝」は、お礼やお詫びを相手に伝えること。返礼すること。

 つまり感謝とは、相手がいてこそ生まれる行為。人と人の間に生かされる私たち人間に、神様がそなえてくださった表現力であり、素晴らしい恵みのひとつだと思う。


 神様は、私たちを造ってくださっただけではなく、恵みと愛を与えてくださる。

 私たちが、神様に何かを与えることができるとするなら、それは、感謝だけ。

 心の中で思っているだけでは感謝にはならない。歌、踊り、楽器、言葉を使い、私たちの羊飼いである主に向かって、喜びと感謝を伝えていきたい。


祈り:

 愛する天のお父様。私たちに尊い命を授けてくださり感謝します。 私たちはあなたを喜び、あなたの恵みと愛を感謝します。今日も1日、私たちに寄り添ってください。 主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱