2021年11 月4日 ディボーション

詩篇第二巻 64篇 


“Father, Please Guard our Tongues”


 詩篇64篇は、ダビデが神に呼びかける祈りから始まります。

 ダビデは、肉体的な攻撃ではなく、破壊的な言葉で攻撃してくる悪人たちから激しい攻撃を受けています。ダビデは無実なのに、悪人たちは剣のような舌、矢のような言葉でダビデを攻撃します(3〜4節)。悪人たちは、自分たちの言葉による攻撃の原因は誰にもわからないと思っています。しかし、神はすべてを知っておられます。

 詩篇の作者は、神が悪人の攻撃を悪人自身に向けてくださると宣言しています。その結果、悪人は自分の手で自分を破滅させることになります。これを見た人は皆、首をかしげるでしょう。しかし、ダビデは、喜び、主に拠り頼み、主を賛美するのです。

 

 この詩篇が扱っている問題は、悪人たちがダビデと思われる王に対して言葉を使って攻撃することです。

 現代ではどうでしょうか? 聖書には、人々が不平を言いたがることが書かれています。今日、私たちはリーダーに対して不平を言いたいのです。ハワイでは、イゲ知事について多くの人が不平を言っています。アメリカではバイデン大統領について多くの人がつぶやいています。つい昨日も、トランプ大統領について多くの人が不満を漏らしていたようです。もっとローカルなところでは、教会の指導者に対する不満も聞かれます。

 このブログを読んでいる私たちの中にも、そのような罪を犯している人がいるかもしれません。不平を言っているうちに、私たちの多くは、自分の方がその人よりも知識や技術があると思い込んでしまいます。しかし、選挙で選ばれた議員よりも、自分の方が国家や国を運営できると、本当に信じているのでしょうか? 私たちの誰もが、神が私たちの上に置かれた人々よりも教会をうまく運営できると、本当に信じているのでしょうか?

 

 詩篇64篇では、私たちの不平不満は剣や矢の攻撃のようなものだと教えています。私たちが権威のある人に対して不平を言ったり、根拠のない噂をしたりすることは、その人を攻撃していることになります。

 使徒ペテロはこう言っています。「人が立てたすべての制度に、主のゆえに従いなさい。それが主権者である王であっても、あるいは、悪を行う者を罰して善を行う者をほめるために、王から遣わされた総督であっても、従いなさい。善を行って、愚かな者たちの無知な発言を封じることは、神のみこころだからです。自由な者として、しかもその自由を悪の言い訳にせず、神のしもべとして従いなさい。すべての人を敬い、兄弟たちを愛し、神を恐れ、王を敬いなさい。」(1ペテロ2:13〜17 )。

 

 私たちは、イゲ知事、バイデン大統領、トランプ大統領を敬わなければなりません。私たちは、関牧師、ランディ牧師、そして私たちの教会のリーダーシップを尊重しなければなりません。そうすることで、神の御心に従うことで神を敬うのです。

 

 お父さま、御言葉を通して私たちを教えてくださって、本当にありがとうございます。私たちの上に置かれているすべての人を敬うことを教えてくださってありがとうございます。自分の好きな人だけでなく、すべての人を敬うことが御心です。

 主よ、私たちが不平を言ったり、無意味な噂をする者になってはならないと教えてくださり、ありがとうございます。あなたはそのような人々を軽蔑していると、あなたの御言葉は教えています。主よ、私たちが過去に行った批判、苦情、噂話をお赦しください。これからもこのようなことをしないように守ってください。

 もし私たちがこのようなことを続けるなら、主よ、どうか私たちを憐れんでくださり、もっと謙虚で従順になれるように助けてください。あなたは、十字架上のイエスを通して、謙虚で従順であることの究極の模範を示してくださいました。ありがとうございます、父よ。私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, Amen.



“Father, Please Guard our Tongues”

 

Psalm 64, another psalm of David, begins with a prayer from David calling out to God. David is under vicious attack from evildoers who attack him not physically, but through their destructive words. Although David is innocent, evildoers attack David with tongues that are like swords and words that are like arrows (vv. 3 - 4). These evildoers believe that no one knows the source of their verbal attacks. God, however, knows everything. The psalmist declares that God will turn the evildoers attacks back against themselves. The result will be these evildoers bringing ruin to themselves by their own hands. Everyone who sees this will shake their heads. David’s response is to rejoice and take refuge in and praise the Lord. 

 

The problem that this Psalm addresses is verbal attacks by evildoers on the King, who is most likely David. How is significant today? We see in the Bible that people like to grumble. We like to grumble about our leaders today. In Hawaii, we hear a lot of people grumble about Governor Ige. All over the country, we hear people grumble about President Biden. It seems that just yesterday, many were grumbling about President Trump. More locally, we hear complaints about our church leadership. Some of us reading this blog is guilty of this. As we complain, many of us somehow come to the belief that we are more knowledgable and skilled than the person that we are complaining about. But do we really believe that we can operate a state or country better than our elected officials? Does any of us truly believe that we can run a church better than the people who God placed over us?

 

Psalm 64 teaches that the complaints that we make are like attacks from swords and arrows. As we complain, gossip, and spread baseless rumors about people in authority, we are attacking them. The Apostle Peter declares: “Be subject for the Lord’s sake to every human institution, whether it be to the emperor as supreme, or to governors as sent by him to punish those who do evil and to praise those who do good. For this is the will of God, that by doing good you should put to silence the ignorance of foolish people. Live as people who are free, not using your freedom as a cover-up for evil, but living as servants of God. Honor everyone. Love the brotherhood. Fear God. Honor the emperor” (1 Peter 2:13-17 ESV).

 

We must honor Governor Ige, President Biden, and President Trump. We must honor pastor Seki, pastor Randy, and our church leadership. In doing so, we honor God by following His will.

 

Thank you Father, again, for teaching us through your Word. Thank you for teaching us to honor our all of people that you have allowed to be placed over us. It is Your will that we honor all of these people, not just the ones that we like. Thank You Lord for teaching us that we must not be complainers, gossipers, and source of senseless rumors. You Word teaches that You despise such people. Forgive us, Lord, for the criticism, complaints, and gossiping that we all did in our past. Please protect us from doing this in the future. If we continue to do this, Lord, please have mercy on us and help us to become more humble and obedient. You gave the ultimate example of what it is to be humble and obedient through Jesus on the cross. Thank you Father. We love you Father. In Jesus Name we pray, Amen.


閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱