2021年11 月11日 ディボーション

詩篇第二巻 71篇


“God’s Righteousness, His Alone”


 詩篇71篇は、作者を明記していませんが、ダビデの詩篇であり、詩篇70篇からの続きではないかと考えられています。この時、ダビデは老齢になっています(17節、18節)。老齢になったダビデは、自分の力が衰えていると訴えています(9節)。また、自分を傷つけようとする敵から、ものすごい言葉の攻撃を受けています(13節)。ある人は、ダビデはもう年老いて力もなく、神に見捨てられたと考えていました。

 ダビデの敵はこう言っています。「神は彼を見捨てられたのだから、彼を捕らえてしまえ。」しかし、ダビデの反応は、神を賛美し、神の義による一刻も早い救いを求めるものでした(2節)。

 ダビデの敵は彼に恥をかかせようとしますが、ダビデは代わりに自分を告発した者に恥をかかせてくれるように神に頼みます。ダビデは、生まれる前から自分の岩であり砦であったヤハウェが、正義をもたらし、自分を再び回復させてくれると自信を持って宣言します。ダビデは信仰を通して、自分の義と将来の解放のために神を賛美します。


 この短い詩篇の中で、ダビデは7回神を賛美し、5回「義」に言及しています。もう一つ特筆すべきことは、年老いたダビデが再び神の神名である "ヤハウェ "を使っていることです。ダビデも含めて、多くの詩篇では、主の名を無駄に使わないようにするために、神の名を使い過ぎることを避けていました。しかし、ダビデは「ヤハウェ」という神名を使っただけでなく、「エロヒム」「アドナイ」「イスラエルの唯一の方」(22節)なども使っています。合計すると、ダビデは15回も神の名前を使っています。聖書では、言葉がたくさん繰り返されるとき、それは強調や重要性を示します。ですから、詩篇71番の強調点は、神とその義、そして神に賛美を捧げることなのです。


 ダビデは、敵からの激しい言葉の砲撃を受けて、大きな苦悩を抱えていました。実は、言葉の攻撃を取り上げたのはこの詩篇だけではありません。ダビデの敵は、罪がないにもかかわらず、協力して彼を中傷するような嘘を流して攻撃し続けました。ダビデの対応は、神の義による救いを神に祈ることでした。

 今日、クリスチャンは常に敵の攻撃を受けています。敵は、神の義を自分の偽りの正義に置き換えて攻撃してきます。今日、私たちは、学校、テレビ、本、インターネットなどで、これらの間違った考えを多く目にします。また、友人がこのような考えについて話すのを聞きます。悲しいことに、教会でもこのような破壊的な考えを見かけることがあります。

 残念なことに、多くのクリスチャンも、聞こえは良くても神の御言葉とは一致しないこれらのデマの犠牲になっています。クリスチャンは、神の御言葉を読み続け、神の真実と義に頼らなければなりません。神の御言葉が世間の教えと一致しないときは、神の御言葉に頼らなければなりません。私たちが強く信じていることと神の御言葉が一致しない場合、私たちこそが心を入れ替えて神の御言葉を信じなければなりません。このような状況でも、私たちは神の言葉を通して示された神の真実と義に拠り頼み、神の御名を讃えなければなりません。


 天の父よ、今日はあなたの御言葉をありがとうございます。どんな状況でも、あなたの真理と義に頼り、しっかりと立ち上がらなければならないことを教えてくださり、ありがとうございます。敵は、あなたの正義を歪めようと、多くの間違った正義の見方をしています。私たちの中には、これらの間違った考えを信じてしまう罪を犯している人がいます。もし私たちがこれらの間違った考えを信じる罪を犯しているなら、どうかあなたの聖霊が来て、主からのものでないものを清めてください。また、偽りの考えを、あなたの御言葉に啓示されているあなたの真実で置き換えてくださるようお願いします。私たちは、あなたの義によって救いを求めます、父よ。父よ、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, Amen.



Psalm 71

 

Although Psalm 71 does not state its author, it is believed to be a Psalm of David that may be a continuation from Psalm 70. In Psalm 71, the psalter (David) is now old man (vv. 1, 18). In his old age, David complains that he no longer has any strength (vv. 9). He is also under tremendous verbal attacks from enemies who are trying to hurt him (vv. 13). Because David is now old, out of strength, and believed to be forsake by God by some, David’s enemies are saying: “God has forsaken him; peruse and seize him, for there is none to deliver him” (vv. 11). David’s response, however, is to praise God and ask for a speedy deliverance through God’s righteousness (vv. 2). David’s enemies want to bring shame on him, but David asks God to bring shame to his accusers instead. David confidently proclaims that Yahweh, who has been his rock and fortress since before he was born, will bring justice and restore him again. Through faith, David praises God for his righteousness and future deliverance.

 

In this short Psalm, David praises God 7 times and mentions “righteousness” 5 times. Another fact worth mentioning is that David, in his old age, once again uses the divine name of God, “Yahweh.” In order to avoid using the Lord’s name in vain, many psalters, David included, avoided the overuse of the divine name. However, not only did David use the divine name “Yahweh,” he also used Elohim, Adonai, and “The Only One of Israel” (vv. 22). In total, David uses a name for God 15 times. In Scripture, when words are repeated a lot, it indicates emphasis and importance. Therefore, the emphasis on Psalm 71 is God, His righteousness, and giving praise to Him.

 

David suffered great anguish from a fierce bombardment of verbal attacks from his enemies. In fact, this was not the only Psalm that addresses verbal attacks. Although innocent, David’s enemies continued to attack him by scheming together to spread slanderous lies about him. David’s response was to pray to God for deliverance through His (God’s) righteousness. Christians are under constant attacks today from the enemy. The enemy attacks us by replacing God’s righteousness with their own false ideas of justice. Today, we find many of these false ideas in our schools, television, books, and internet. We hear our friends talk about these ideas. Sadly, we even find these destructive ideas in churches. Unfortunately, many Christians too fall victim to these falsehoods, that although may sound good, does not agree with God’s Word. Christians must continue to read God’s Word and rely on God’s truth and righteousness. When God’s Word does not agree with what the world teaches us, we must rely on God’s Word. When God’s Word does not agree with what we strongly believe in, it is we who must change our minds and believe God’s Word. In all these circumstances, we must rely on God’s truth and righteousness, revealed through His Word, and praise His name. 

 

Thank you, Heavenly Father, for Your Word today. Thank you for teaching us that in all situations, we must rely and stand firm in Your truth and righteousness. The enemy works hard to distort Your righteousness with many false views of twisted justice. Some of us are guilty of believing some of these false ideas. If we are guilty of believing any of these false ideas, please let your Holy Spirit come and cleanse us of anything that is not from You Lord. We also ask for you to replace any false ideas with Your truth that is revealed in Your Word. We ask for deliverance through Your righteousness, Father. Thank you Father. We love you Father. In Jesus Name we pray, Amen. 

 

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱