2021年11月6日 ディボーション

詩篇第二巻 66篇


『みわざ』


「全地よ 神に向かって喜び叫べ。御名の栄光をほめ歌い 神の誉れに栄光を帰せよ。」1〜2節

 出だしからトップギアで、賛美を栄光に輝かせよと叫ぶ66篇。しかし読み返すほど、この詩篇のスケールと奥深さに、私は焦点を見失いそうになる。

 当たり前だ、神さまの救いの御技は驚くほどにアンビリーバブル。紅海を二つに割り、海を渡らせてくれるなんて、誰が想像できよう。

 奴隷のようにこき使われていたエジプトから200余万人をも脱出させた御技に、イスラエルの民が喜んだのも束の間、神さまは40年間、荒野をさすらう試練を与えられた。

 ヨルダン川を渡る御技にも助けられ、やっとのことで約束の地に入ったものの、いつか神さまの恵みを忘れて堕落してしまう人々。

 バビロン捕囚の年月を加えると、出エジプトから4世代、5世代に渡るイスラエルの民が試練と苦難を味わったことになる。それでも忍耐の神さまは、救いの時を待ち続けてくださった。

「あなたのみわざは なんと恐ろしいことでしょう。」3節

 この「恐ろしい」は、大いなる神さまへの畏敬。現代人の私は畏敬の念を忘れがちだ。

 試練や苦難に遭遇するたびに頑なな心が砕かれ、罪を悔い改めてきたイスラエルの民たち。

「神よ まことに あなたは私たちを試し 銀を精錬するように 私たちを練られました。」10節

 神さまが与えられる罪は、赦すため。御恵みを授けるため。私たちは精錬されて清められ、ピカピカになって賛美を栄光に輝かせるため、変わることができる。神さまの愛によって、クリスチャンは善きに変えられる。

 なのに私は、アーメンしているだけにとどまっている。御ことばを聞くだけで、イスラエルの民のように神さまを信じ、命がけで”従っていく”ことをサボりがちだ。

「もしも不義を 私が心のうちに見出すなら 主は聞き入れてくださらない。」18節

 後ろめたい、やましいことをしてるくせに、きれいごとを祈っていたりする。そういう自分が嫌でたまらないのに、悔い改めは長続きしてくれない。

 イエスさまの十字架を自分ごとと感じたら、薄っぺらな自虐なんてできるはずないのに。


 紅海を割ったことも、ヨルダン川もバビロンからの帰還も、神さまの奇跡の御技だけれども、イエスさまの十字架の死と復活はそれをはるかに凌駕するウルトラ御技だ。そのあがないを畏れながらも喜ぶことのできる、最高の恵みを感謝したい。


 神さま、小さなイスラエルが全地、全世界に賛美を喜び叫んでくれたおかげで、ハワイの小さな島の小さな教会でも、あなたを賛美できることを感謝します。

 この詩篇には「私たち」の複数形と「私」の単数形が出てきます。どうか主日礼拝の私たちの賛美だけでなく、日々いつも、私が神さまをもっと賛美礼拝できますよう導いてください。プライドなぞ捨てて、素直に祈ることができますよう、私を柔らかく練り直してください。

 イエスキリストのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱