2021年11月28日 ディボーション

詩篇第三巻 88篇


 詩篇88篇は暗い、嘆きの歌で始まっていて、今までと違って最後まで賛美と感謝の歌が述べられていない。言葉も10節から12節で、死人、亡霊、墓の中、闇の中と暗い表現で書かれているのである。さらに、親友を遠ざけて、彼らの忌み嫌う者とされたと訴えている。詩篇88篇は詩篇の中で最も悲哀に満ちた詩で、多くの教会で主イエスが十字架に架けられた日に読まれているといわれている。


 作者は暗闇を親しい友としていると神に叫んでいる。大変な失望の中にいたのだ。この作者は思い病魔に冒されていたのだろうという人もいるらしい。まるでヨブ記を読んでいるような気持ちだ。ヨブも必死になって神を呼び求めていたのである。神の許可を受けたサタンの攻撃を受け、子どもも財産も失い親友や妻から見離されて、挙句の果てに足の裏から頭の頂きまで悪性の腫瘍で打たれ死の苦しみを味わう。しかしヨブは、神と応答できたが、詩篇88篇の作者は神からの応答がなかったのである。


 この筆者は両手をあげて「助けて下さい。」と叫んでいるのである。そして、どうして神

は、自分の叫びに答えてくださらないのかと嘆いているのである。筆者は、神から見離され、神の憤りが自分の上にとどまっていると思っていたのだ。


 私も苦難の中にいた時は、作者と同じように神から見離されて、私が何かをしたから神の憤りが私の上にのしかかっているのだ、と自問自答したことがあった。そしてすべての物事を悪いほうに考えたことがあった。本気になって神にぶつかったことがあった。泣いて神に抗議したことがあった。でも、神様は、決して私を見離されなかった。試練のなかから恵みへと導いてくださったのである。本当に感謝なことであった。


「しかし私は 主よ あなたに叫び求めます。朝明けに 私の祈りは御前にあります。」

13節

作者は、いつか必ず朝明けには神が、彼の祈りに答えてくださることを信じて祈ったのだろ

う。私達への教訓に匹敵するみことばではないだろうか。


「夕暮れには涙が宿っても 朝明けには喜びの叫びがある。」詩篇30:5が心に湧き上がってきた。



祈り

恵み深き天の父なる神様。

御名を心から賛美します。苦難の中で八方ふさがりの中にいても、あきらめずに、

「しかし私は 主よ あなたに叫び求めます。朝明けに 私の祈りは御前にあります。」

祈ることができますように助け、導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

 

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱