2021年11月24日 ディボーション

詩篇第三巻 84篇 


 なんと美しい詩篇だろうか。

「なんと幸いなことでしょう。」(4、5、12)が繰り返される。この詩人の感情が伝わって来るようだ。 

「私のたましいは、主の大庭を恋い慕って、絶え入るばかりです。」(2)

「なんと幸いなことでしょう。あなたの家に住む人たちは。彼らはいつも、あなたをほめたたえています。」(4)

「まことに、あなたの大庭にいる一日は、千日にまさります。」(10)

 この詩篇のすべてを書き記したいが、ともかくこの詩人は、神の家に住むことの幸いを歌っている。


 さらに、「心にシオンへの大路のある人は、彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉の湧く所とします。」(5,6)と歌う。

「シオンへの大路」、それは私たちの心の中にある神への道。人生に起こる様々な試練の中にあっても、この道を心の中に持っている人は、涙の谷が泉の湧く所に変えられる。この「大路」が心の中にある人は、幸いである。


 私たちは、自分は神の家に住んでいると言えるだろうか。神の家とは、神が支配する神の国のことだ。それをあえて「家」と表現するのは、私たちが神の国の国民である以上に、神の家族であることを示している。家とは、家族は共に住む場所だ。神の国の王に治められる国民と、神の国の王の家族とでは、その関係性はずいぶんと違う。私たちは、神の家に住む神の家族なのだ。


 家族崩壊の家庭に育った自分にとって、家族とは憧れであり、しかしコンプレックスの原因でもあり、悲しい記憶でもあった。

 コロナ禍にあって、学校が閉鎖になったことで、心を病む子どもたち、自死へと追い詰められる子どもたちが増えている。その原因は家に居る時間が長くなったことだ。なんという悲劇であろうか。厳しい現実がそこにある。

 しかし、福音はある。


 私たちは、イエスを信じて救われることで、神の家族となれるのだ。天の父に愛されている子どもとして神の家に住むことが出来るのだ。この家に住む人は「なんと幸いなことでしょう!」

 この家には、平和が満ちている。愛が満ちている。希望が満ちている、喜びと楽しみが満ちている。この家に住めることは、神の恵みである。


 天の父なる神さま。あなたの家に住めること、神の家族に迎え入れられたことを心から感謝します。あなたの家には、喜び、楽しみ、平安が満ちています。なんと素晴らしい家でしょうか。永遠にこの家にあなたと共に住まいます。感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱