2021年11月20日 ディボーション

詩篇第三巻 80篇


『神よ あなたのスマイルを!』


「神よ 私たちを元に戻し 御顔を照り輝かせてください。そうすれば 私たちは救われます。」80:3

 イスラエル王国の末期、すでに北イスラエルは滅ぼされ、残った南ユダの民はアッシリアに捕らえられる崖っぷちに追い詰められている。残された仲間と心を合わせて祈っている。

「元に戻して」とは、どこに、いつに行かせて欲しいのだろうか? エルサレムの栄華にか? 一時の古き良き時代に戻っただけで、神さまは「御顔を輝かせて」くださるのだろうか? 救われるのだろうか?

 たとえば詩篇の始まり。1篇の1〜3節、暗誦していつもいつも口ずさんでいたくなるあの美しい賛美。

「幸いなことよ 悪しき者のはかりごとに歩まず 罪人の道に立たず 嘲る者の座に着かない人。主のおしえを喜びとし 昼も夜も そのおしえを口ずさむ人。その人は 流れのほとりに植えられた木。時が来ると実を結び その葉は枯れず そのなすことはすべて栄える。」

 その人、メシアのおられるところに行かして欲しいと祈っていると黙想するのは飛躍だろうか? 神さまの初めの祝福、愛への回帰を切望しているのではないだろうか?

 でなければ「そうすれば〜救われます」と忠誠は誓えないのではないだろうか? 

 余談だがこの「そうすれば」は、ただの接続詞だけれど、自分中心を手放して、神さまに従う関係を表す日本語としてなかなかのスグレ語だな。


 先日11月7日の礼拝の聖書箇所は詩篇67:1〜7だった。ここにも「御顔を照り輝かせてください」と出てくる。

 パスターは、「御顔の輝き」とは神さまの祝福で、神さまの臨在と栄光に招き入れてくださることだと、とりなしてくれた。創世記で神さまは、ご自分の似姿として人を造り祝福された。しかしアダムとエバは「主の御顔」を避ける罪を犯した。爾来、私たちは御顔の輝きを仰ぎ見れる存在ではなかった。

 だけれどもメシア、イエスさまが十字架にかかることで罪の清めと赦しが成就した。イエスさまの痛みと苦しみに歪んだ御顔を忘れてはないらない一方で、臨在と栄光の勝利の象徴である御顔の輝きを、私たちは真正面から見上げて祝福を受け取ろうと話してくださった。真正面から見ることは悔い改めでもある。礼拝って、御顔の輝きを仰ぎ見ることなんだなあとアーメンした。


 だいぶ前に私はパスターに質問したことがある。聖書にはイエスさまが悲しんだ、叱ったなどという感情表現は出てくるけど、笑ったという表現は出てこない。どうしてなのでしょうか? と。

 するとパスターは、「イエスさまはいつも微笑んでおられたから、特に記することがなかった、という説に納得することにしています」と、パスターもニッコリ微笑まれた。

 顔色を見る、目は口ほどに物を言う‥‥顔と顔を合わせることは、胸襟をひらくこと。深くかかわるために必要な行為だ。どんなに激しく叱られても、親の目の優しいまなざしを子どもは見逃さない。逆に優しい言葉をかけられても、目が笑っていなければ心を閉ざしてしまう。


 大々尊敬する小林和夫先生の詩篇講解を開いて歓喜! めっちゃチャーミングな講解箇所があった。詩篇80「み顔の光を求めて」より引用します。

〜〜「み顔の光を照らしてください」という言葉は、『ジョルサレム・バイブル』という、ユダヤ系の方々が訳した聖書では、もっとわかりやすく訳されています。「神よ、あたなのスマイルを私に向けてください」と。「スマイル」とは良い訳だと思います。神さまのスマイルです。「この中でスマイルが嫌いな人は手を挙げてください」と言っても、だれもいないでしょう。けれども、スマイルは作り笑いではいけません。その人の存在の奥底から出てきて、その対象を受け入れます、ということです。ですから、平和、シャロームと相互交換にあると言ったらよいでしょうか。神さまから与えられるスマイルをもって、また私たちもスマイルを持って神さまにお応えしていくのであります。」〜〜 

 イエスさまの御名で祈ります。アーメン


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱