2021年11月2日 ディボーション

詩篇第二巻 62篇


 「ただ神だけで十分」


私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。

私の救いは、神から来る。」「私の望みは、神から来るからだ。」(1、5


 昔のこと、私が拠り頼んでいた人脈、信用、立場のすべてを失ったことがあった。その時、地面がぐらぐらと揺れ動くような恐れを感じた。神だけに拠り頼んでいる自分であったし、そのように考えていた。しかし、わたしのたましいは恐れていた。

 知識として理解していることと、実際に心の深い所で感じていることは、必ずしも同じではないことがある。

 私は、揺れ動いていた。しかし、その動揺の中で、この詩篇62篇に導かれたのだ。「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。神こそ、わが岩、わがやぐら。私は決して揺り動かされない。」(1、2

 その時、まさに御言葉の力を体験した。すべてを失っても、ただ神だけが救いであり、希望であり、このお方だけで十分だと、まさにたましいで分かった。その時、私の心は平安で満たされた。


私の救いと栄光は、ただ神にある。」(7) アーメン!


 クリスチャンは、人生のどこかで「ただ神だけ、それで十分、それで良い」と言える

ような神との出会いに導かれる。

 そのような時は、人間にとっては危機に陥った時だろう。しかし、人間の危機は、神の好機とは、よく言ったもので、その危機は、たましいのレベルで神に出会うための好機となる。


 「民よ、どんなときにも神に信頼せよ。あなたがたの心を、神の御前に注ぎ出せ。神はわれらの避け所である。」(8


 神に信頼している者は、「心を注ぎだす」ことが出来る。心がダムのように何かを貯め込んでいても、ダムが決壊するように、神の御前に心が注ぎ出される時がある。すべてが注ぎ出されたとき、神はその心を平安で満たしてくださる。

 

 一杯の器には、それ以上何も注ぐことは出来ない。器を空にすると、新しい恵みが注がれる。

 神の御前に心を注ぎ出そう。



 天の父なる神さま。あなただけで十分です。あなたこそ私の全てです。あなたによって私たちのたましいは満たされるのです。だからどんな時にも、あなたに信頼して、心を注ぎ出して祈ることができますように。さらにさらに、あなたの平安で私たちの心を満たしてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。 



閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱