2021年11月16日 ディボーション 

詩篇第三巻 76篇 


神は ユダにご自分を示される。イスラエルに その御名の偉大さを。」(1)から始まるこの詩篇は、神の偉大さを歌ったものだ。


 その偉大さを強調するために、10節には、「まことに 人の憤りまでもがあなたをたたえ あなたは あふれ出た憤りを身に帯びられます。」と記されている。


 「人の憤り」までもが神をほめたたえるとある。これは義憤ではなく、あくまでも人の悪としての憤りである。これは、独特な強調表現である。しかし、ただの強調法だけではない。確かに神は、人の悪さえもご自身の栄光とすることが出来る。 


 ヤコブの子たちは、嫉妬にかられて弟ヨセフを奴隷として売り飛ばしてしまった。しかし神は、その悪さえも用いてヨセフをエジプトの宰相とし、イスラエル民族を飢饉から救った。


 ユダヤ人の指導者は、ヤコブを殺害しクリスチャンを迫害した。それによって信者は散り散りになって地方へ逃げていった。しかし、彼らはただ逃げたのではなく、福音を宣べ伝えながら散らされて行ったのであった。それによって福音は拡がっていった。


 神は、人の悪さえも、神の働きのために用いられる。


 神の働きを、私たちの小さな頭の中に押し込めてはならない。神は、すべてのことをご自身の栄光のために用いられる。


 神に用いられるのは、クリスチャンだけではない。神は未信者も用いられる。さらに、私たちの失敗、過ち、罪さえも、神の栄光のために用いることをされる。逆に、完璧に正しい行い、知識、計画があっても、それで神の栄光が現れるかと言えば、そうとも限らない。


 神は、人知をはるかに超えた御心をもって、ご自身の栄光を現わされるのだ。私たちは、その神の主権の前にひれ伏す者でありたい。


(それでは、神の栄光のために、もっと悪を行おうという理屈は屁理屈である。神の栄光の中に生きている人には、そんな発想は出てこない。)

 

 愛する天の父なる神さま。あなたは、ご自身の栄光のために、すべてのことを用いられます。そしてあなたは主権をもって、ご自身の計画を成し遂げられます。私たちには、到底及びもつかないことです。あなたの栄光と主権の前に、ただひれ伏します。今日も、あなたの御心が成りますように。それが私たちの願いです。


主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱