2021年11月15日 ディボーション 

詩篇75篇


『さばきは神がなさること』


「滅ぼすな」の調べは、57篇、58篇、59篇ではダビデが、75篇ではアサフによって歌われている。アサフはダビデやソロモンの時代に賛美者として活躍した人物である。57篇、58篇、59篇でダビデは、サウルに追われ、殺されようとしていた。しかしダビデは、ただひたすら神を信頼し、神にすべてのさばきを委ね、自らは神をほめたたえます、と歌っている。そして75篇に来ると、神の正しいさばきはサウルやアブサロムに下り、ダビデに王位が戻った。神はダビデとの約束を守られたのである。「わたしが 定めの時を決め わたしが自ら 公正にさばく。」(2)ゆえに、「滅ぼすな」ということである。それは神が、神の時になさること。人間がそれをするなら、それは神に代わる行い「角を高く上げる者」である。


 詩篇を読んで来て、ダビデの逃亡期間とは、どれくらいだったのだろう、と思い調べてみた。しかしはっきりと、何年、という答えを見つけることはできなかった。4年とか、中には10年とか、いろいろあった。いずれにせよ、その期間が数ヶ月でなかったことは確かである。数年に渡って逃げ続ける間、ひたすら神を信頼し、自らの力で手を下すことはせず、すべてのさばきを神のみに委ねたダビデ。そのような信仰が、私の中にもあるのだろうか、と考えさせられる。


 様々な人たちと関わる生活を送る中で、特に異なる文化圏の人が多く住むハワイという島にあって、その違いを受け入れることの難しさは日々体験している。あくまでも「違い」であって、間違っていることではないと言い聞かせるが、それでも理解できず、心の中で相手をさばき続ける自分がいる。私は「角を高く上げ」「横柄な態度で語る」者なのである。神の子として清くありたい、と願うのにできないことが多すぎる自分に、これでもクリスチャンか、と思ってしまう。

 しかし、パウロのような人でも、同じ思いがあった。ロマ書7:15でパウロは、「私には、自分のしていることが分かりません。自分がしたいと願うことはせずに、むしろ自分が憎んでいることを行なっているからです」と語っている。

 驚くことに、このことに気づくことができる理由は、聖霊が内住されている証拠だということである。つまり、聖化のゆえに、このような葛藤が生まれる、ということである。なんという恵み、福音であろうか。

 では、聖化のゆえなら、憎んでいることを行い続けてもよいのかというと、そうではない。そのような憎む行い、人をさばく思いに遭遇したなら、すぐさま聖霊に「回避させてください」と祈ることである。それが聖化である。


 神は聖なるお方であり、義のお方である。神の怒りの杯が満ちる時、この世は終末を迎える。信者である私たちは、それぞれに紆余曲折をこの世で繰り返しながら、聖化され、御国に迎えられる。しかし、子羊のいのちの書にその名が記されていない人たちは、神のさばきにあう。その様子については黙示録が語っている。一人でも多くの人に福音を伝えるために、私も備えていきたい。神の召しに与る時、「はい、私はここにおります。」と答えることができるように。


祈り:

主よ、私の備えが満たされたとき、どうか、あなたの働き人となれますように。私のような者でも、みこころを行う者としてくださいますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱