2021年11月13日 ディボーション

詩篇第三巻 73篇


『まことに神はいつくしみ深い』


  昨日のディボーション、詩篇72はダビデがソロモンに譲位をした際に祈られた賛美だった。格式があり、朗々として、ゆったりたっぷり、美しい調和に満ちていた。サーバントリーダーシップ、帝王学とはかくありなん。今この世界を動かしている君主、大統領、政治家、社長すべてのリーダーに読んでほしい聖書箇所だった。

 そして第三巻の始まりである詩篇73は、今この世界を支配している格差社会で勝ち組といわれる富豪、エセリーダーに対する不条理というか、ねたみ・そねみ・ひがみが吐露されている。


 悪しき者の横行に対する憤慨もさることながら、それをねたみ・そねみ・ひがむ己のブラックな心がやるせなくて、いたたまれないのだ。

「ねたみは骨をむしばむ」箴言14:30

 私も自分に与えられているものより、他の人が持っているものをうらやんで、心がねじれてねたんだりひがんだりすることがままある。そんな己に嫌気がさす。


 この記者は賛美リーダーのアサフだ。賛美とはここまで自らのたましいをさらけ出すものなのかというほどに、アサフは絶望に落ち込みそうな心境を訴える。それが3〜12節。

 ところがアサフは悪事をあばく口に封をした。ねたみの感情が少しでもあれば、同罪だと思ったからだろう。

「もしも私が「このまま語ろう」と言っていたなら きっと私は あなたの子らの世代を 裏切っていたことだろう」15節。負の連鎖を断ち切りたいと告白している。そして、


「ついに私は 神の聖所に入って 彼らの最期を悟った。」17節

 アサフは、悟るまで祈って祈って祈って、自分の中のねたみ・そねみ・ひがみを祈り倒したのだ。

 私は一回祈ると神さまに預けたのだからそれでよしとして、悟るまで何度も何度も祈り抜いていなかった。この詩篇には、どれだけの時間が込められているのだろう。


「まことに 神はいつくしみ深い。」1節

”まことに”とは、本当に、とか、実に、つくづく、といった意味がある。でもこの”まことに”は、


アサフが祈って祈って悟りを体得するまでの時間軸が含まれている。一歩一歩神さまが導いてくれた道行。ついに悟ったのは、神さまはいつくしみ深い、ということ。勝利の神さま!

「しかし 私にとって 神のみそばにいることが 幸せです。」28節

 もうねたまない。神さまのそばにいるだけで、ただそれだけで、なにもいらない。 

 神はいつくしみ深い、God is Good !


 神さま、詩篇73を与えてくださってありがとうございます。

「あなたは 私を諭して導き 後には栄光のうちに受け入れてくださいます。」24節

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン



閲覧数:52回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱