2021年11月1日 ディボーション

詩篇第二巻 61篇


『真の強さ』


 私たちに与えられているすべてのものは神による祝福である。それを知らないと、それらに固執し、それらを失うことへの恐怖に苛まれ、人を信用できなくなり、自らを孤立させる結果となる。神は与えもするが、取り去ることもされるお方である。神のご計画の全貌を知ることのできない私たち人間にとっては「予期せぬ災難」であっても、神の目からは、ご計画の成就のために必要なプロセスであり、それは決して予期せぬ出来事などではない。


 主はダビデに、「あなたの家とあなたの王国は、あなたの前にとこしえまでも確かなものとなり、あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。」(2サムエル7:16)と約束された。しかしダビデの息子アブサロムの謀反によって、彼の王位は奪われ、イスラエルの民もまた、アブサロムについてしまった。様々な思惑が一斉に迫ったとき、ダビデは神を求めたのである。


「私の心が衰え果てるとき 私は地の果てから あなたを呼び求めます。どうか、及びがたいほど高い岩の上に 私を導いてください。」(2節)


 新改訳聖書2017年版では「私の心が衰え果てるとき」と訳しているが、共同訳では「心が挫けるとき」、英語訳NKJVでは「when my heart is overwhelmed」とある。個人的には英語訳がしっくりくる。「overwhelmed」は辞書では「圧倒される」と訳されており、良い事にも悪い事にも、感情を表現するのに便利な言葉である。ここでは、否定的な感情を言い表すために使われていて、ダビデは、自分ではどうすることもできない問題、状況に「overwhelmed」圧倒され、心が挫けそうだから、主よ、どうか私の祈りに耳を傾けてください、と呼び求めたのである。そして祈りの中、主の守りの確信に導かれていくのである。


「あなたは私の避け所 敵に対して強いやぐら。私はあなたの幕屋にいつまでも住み 御翼の陰に身を避けます。」(3〜4節)

 

 ダビデ始め、神に選ばれた人たちの凄さはなんといっても、このメンタリティーにあると思う。どんな過酷な状態、どうしようもできない、通常ならあきらめて当然と思えるようなときでも、信仰によって乗り越えていくのである。状態は非常に緊迫している。しかし、神が共にいてくださる、という確信は、信仰者の心の拠り所であり、それはまた、次の一歩を踏み出す勇気へと変えられていくのである。


 心が圧倒されて、挫けそうになる時、主を見上げよう。主は、私たちと共にいてくださるお方、私たちを愛してくださるお方、私たちを聖め続け、御国へと導いてくださるお方である。主の御名を褒め歌い、福音を伝える者として、この身をささげよう。


祈り:

天の父なる神よ、あなたより与っていますこの福音を、どうか、それを求めておられる方々のところに届ける者とされますように。聖霊さまの導きがこの身にありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱