2021年10月9日 ディボーション

詩篇第一巻 38篇


『舌で罪を犯さないように』


 鉛のように重く暗い詩篇だ。記者は自分の罪の重みに心が折れている。体は病に冒されている。昔は伝染するといわれていたツァラアト、らい病だ。愛する者も友も肉親も離れて独りぼっちになっている。

 子どもの頃、クラス全員シスターに引率されて、映画『ベン・ハー』を観に行った。お母さんと姉妹がらい病になり、山奥に追いやれれているところに息子ベン・ハーが会いに行くのだが、らい病が怖くて、離れたところで声だけを聞くシーンが切なくて、なんでこんな映画を見なくちゃいけないのかと思いつつ、あまりの長編に途中で眠ってしまった。


 この詩篇の記者は、罪を、病を、孤独を、敵からの悪意や攻撃を、洗いざらい神さまに話す。鬱積した感情を切々と訴える。そうして吐き出すうちに、沈黙へと導かれていく。

しかし 私は聞きません。聞こえない人のように。口を開きません。話せない人のように。」13節


 口は災いの因、幸福論の筆者も「沈黙で失敗する者はいない」と進言する。詩篇39に読み進むと、

私は言った。私は自分の道に気をつけよう。私が舌で罪を犯さないように。口に口輪をはめておこう。」1節

 という決心に至る。

 私にも最近、思い当たることがあった。アーメンだった。口に口輪をはめて口を慎もう。


ことばを控える人は知識を持つ者。霊において冷静な人は英知のある者。」箴言17:27

 御意。

 続く28節は「愚か者でも黙っていれば、知恵のある者と思われ、その唇を閉じていれば、分別のある者と思われる。」って、あの、これってただの処世術みたいに感じる私は間違い?

 また軽口をたたいてる。反省。


 愛する天のお父さま、なんでも話せる、聞いてくださるあなたがおられることを感謝します。

主よ 私を見捨てないでください。わが神よ 私から遠く離れないでください。急いで私を助けてください。主よ 私の救いよ。」38:21〜22

 主よ、わが神よ、私の救いよと、慕い求める祈りに心を合わせます。鉛のように重く暗い状況にあっても、赦しの秘跡を祈る38篇を愛唱します。ありがとうございます。

 イエスキリストの御名でお祈りします。アーメン

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱