2021年10月31日 ディボーション

詩篇第二巻  60章


 ダビデはイスラエルの王となる前後において戦いに挑んできた人であるが、常に連戦連勝したわけではなかった。60章の1節から5節はかなりの苦戦であったことが語られている。

 この苦戦はエドムとの戦いの時で、ダビデはかなりの苦戦をしこの敗戦を神に嘆いている。

敗戦したのは敵ではなく神に打ち破られたと言っている。なぜなら、4節で、彼らは弓に頼って、しかも旗に象徴されている神の臨在をかるんじていたためだと言われている。ダビデは

連戦連勝で自分達の力を誇ったのである。


私達にも言えることである。成功したのは自分の力、自分の才能、つまり、「神がしてくださった。」ということから「私がしたのだ。」と誇れる相手を間違ってしまうことである。そのような思いをもってしまうとダビデのように敗北感をあじわうことになるのである。常に謙遜に主に依り頼むことが重要であることを、神はダビデをとおして私達への教訓へと導いたものであろうということが心に示された。


ダビデは、主が敗北させたと嘆いていても、悔い改めることを忘れなかったのだ。

そして、人の救いに頼らず神を絶対的に信頼して、神にあってこそ力ある働きができるということを語っているのである。


11節 「どうか敵から私たちを助けてください。人による救いはむなしいからです。」


12節 「神にあって 私たちは力ある働きをします。

    神が 私たちの敵を踏みつけてくださいます。」


私達人間は自分の弱さをなかなか素直に認めることができないことが多々にある。自分の弱さを認めて素直に神にあけわたさなければ、神は介入してくださらないのである。神は私達の

素直なへりくだったこころをまっておられるのである。


第二コリント12:9 「わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである。」 一部抜粋


ある牧師が語っておられたことが心に深く染み込んでいったのを覚えている。

「神に近づけば近づくほど、自分の弱さが露わに出てくる。そして、この弱さを知れば知るほど謙遜へと導かれる。」私もそうなれたらいいなと思わされた。



祈り

今日もダビデをとおしてたくさんの御言葉があたえられたことを心から感謝します。

どんな時にも誇れるのは、主よ、あなたお一人だけであることを覚えて日々歩むことが

できますように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。

アーメン


閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱