2021年10月3日 ディボーション

詩篇第一巻  32章


「幸いなことよ

その背きを赦され 罪をおおわれた人は。」 1節

「幸いなことよ

主が咎をお認めにならず

その霊に欺きがない人は。」2節


 ダビデがバテシバとの姦淫、彼女の夫を部下に命令して死に追いやった罪の葛藤が記されている。ダビデはその罪を隠そうとしたけど、神は御手をダビデの上に重くのしかかり苦しめられた。ダビデは人生最大なる罪を犯したけど、預言者ナタンによって罪を指摘されて悔い改めて罪の赦しが与えられて、「幸いなことよ…….」 と32篇の冒頭から感謝と喜びに満ちた気持ちで歌われている。


 罪はいつまでも隠し通せるものではない。罪は人には隠すことができても神には隠せない。神はどんな小さな罪でも見通しであられる。神様が一番嫌われるのは罪である。そして、罪の告白をしない者には裁きが待っている。神様が一番喜ばれるのは、神の前に罪を告白して悔い改めることである。そうすることによって罪が赦されて、神からの報酬が得られるのである。


 「悪しき者は心の痛みが多い。

  しかし 主に信頼する者は

  恵みがその人を囲んでいる。」10節

 「正しい者たち 主を喜び 楽しめ。

  すべて心の直ぐな人たちよ 喜びの声をあげよ。」11節


 だれもが罪の経験をしてきたことだと思う。自分も罪のなかにいた時は、その罪を覆い隠そうとして自分をだまし、だまし生きてきたけどそれは無理だった。罪を隠そうとしても心の中は苦しみでどうにもならなかったことを覚えている。罪をぬぐい去って下さるお方はただ一人、私の為に私の罪を背負って十字架に架かって下さったイエス様以外に誰でもないのだ。

 ダビデ王でも大きな失敗をしたが、素直に自分の罪を神に告白して、悔い改めの祈りをして、神から赦されて神の恵みに与らせていただいた。私達もこの世にいる間は日々罪との闘いといっても過言ではないだろう。それでも、罪を犯した時は、いつもそばにおられる神にその都度罪の告白をして悔い改めて赦して頂けることである。神に心を開き、神を喜び、喜びの声と感謝もって楽しんでいけることこそ私達の生きかたではないだろうか。


祈り

愛する天の父なる神様。

私達の罪の為に十字架に架かって死なれたイエス様に心から感謝します。私達はこの世でいつでも罪を犯します。でもイエス様の十字架の血潮によって、罪を犯しても、自らの罪をあなたに告白して赦して頂ける恵みをありがとうございます。肉の人間です。弱い私です。罪を犯したときはそれを素直に告白していくことができますように導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱