2021年10月20 日 ディボーション

詩篇第二巻 49篇


知恵の詩篇


 毎朝、メールチェックをする。その中に沢山の通販サイトの宣伝メールが含まれる。100通のうち、本当に必要なメールは10%未満。そんな宣伝メールに踊らされて、通販商品を買いまくっていた事を思い出した。それらの商品で、今手元にあるのはなんだろう? 思い出せない。それくらいどうでも良いもの。そんな物に時間もお金も費やして無駄な日々を過ごしたことを後悔している。


人は死ぬとき、何一つ持っていくことはできず その栄誉も その人を追って下ることはない。」(17節)


 詩篇49〜51篇はキリストにある神に対する享受に関する3種類の人の事が述べられている。今日の49篇は特に知恵の詩篇と言われている。そして自分の財産、すなわちキリスト以外のあらゆるものに信頼する人の事が述べられている。

 まさに私の子ども時代の話のようだ。お金に取り憑かれていた両親。最終的には全てを失い、家族はバラバラになった。子ども時代に生活が180度変わった転落人生が私の若かりし頃の思い出。そこから一人で17節の御言葉には辿り着けなかった。だからかつては自分で働いて得たお金を湯水のように使っていた。

 しかしどんな富を持っても乾いた心は救えない。


自分の身代金を神に払うことはできない。」(7節)


人は、たとえ全世界を手に入れても、自分のいのちを失ったら何の益があるでしょうか。そのいのちを買い戻すのに、人は何を差し出せば良いのでしょうか。」(マタイ16:26)


 そのような過去の経験から神様は私に問いかける。どのようにあなたは生活しますかと。


 このまま心に空洞が空いたままなのか? 空洞を埋めるために貪るのか?


 しかしそんな私でさえも主は救ってくださる。


しかし 神は私のたましいを贖い出し、よみの手から 私を奪い返してくださる。」(15節)

新約聖書時代に生きる恵みを感謝します。イエス様が私の罪の為に十字架にかかって贖ってくださった。だから今は神の子として主を父と呼べる存在となった。その事を信じてこれからも歩んで行きたい。


実に、神から離れて、だれが食べ、だれが楽しむことができるだろうか。

なぜなら神は、ご自分が良しとする人には知恵と知識と喜びを与え、罪人には、神が良しとする人に渡すために、集めて蓄える仕事を与えられるからだ。これもまた空しく、風を追うようなものだ。」(伝道者の書 2:25〜26)


 今日も主から御言葉を頂き、衝動的な行動に走らずに済む状況に感謝いたします。

主、イエスキリストのお名前によって、御前にお捧げいたします。アーメン。



閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱