2021年10月19日 ディボーション

詩篇第二巻 48篇


 コラ人の歌が続いている。47篇から続く48篇の賛歌は、全力の賛美だ。


「主は大いなる方。大いにほめたたえられるべき方。主の聖なる山 私たちの神の都。

 高嶺の麗しさは 全地の喜び。北の端なるシオンの山は大王の都。」1〜2節


 シオンという神の都が出てくる。コラ人によると、その都の宮殿で神様はご自分を砦として示された、とある。

 シオンとはもともと「要害」という意味。そして、この要害とは「険しい地形にあって、敵の攻撃から守られている領域」を指す。そう、シオンの都には神ご自身が砦となっておられるから、いつも守られているのだ。


 その都の喜びは、今や時を超えて、私たちのところまで届いた。それゆえに10節にこうある。

神よ あなたの御名と同じく あなたの誉れは地の果てにまで及んでいます。


 この要害は、主の御名とともに広がり続け、地の果てに住む私たちまでついに及んだ。それだから今朝も、私たちの間には、このコラ人の賛歌が響いている。賛美が歌から歌へと響かせて、この島まで辿り着いたのだ。


 私はこの詩篇を聴いて、賛美「その日 全世界が」の歌詞を思い出した。

「わが神主よ 見させたまえ 偉大なるその計画 

 天が開き 光が満ち シオンの上にとどまる

 救いの御業 全地をおおい 喜びの歌響かせ・・・」(一部抜粋)


 シオンの喜び、都にある希望は、全世界に向けて、今日も砂漠を潤す泉のように広がり続けている。事実、この希望の約束をここで受け取った私たちがいるではないか。ここハワイ・オアフ島にホノルル・キリスト教会、神の教会が在るではないか。


 最後に、私自身この48篇を読んで、一番に心に響いた箇所は最後の14節だった。

この方こそまさしく神。世々限りなく われらの神。神は 死を超えて私たちを導かれる。


 偉大な神様、このお方だけが、死を超えて私たちを導かれるというのだ。死がゴールではない。永遠の都、天国が私たちには備えられている。その希望に思いを馳せて、この地上に召されている限り、コラ人のように賛美から賛美へと、シオンにあるこの祝福を宣べ伝えていく者でありたい。


神様、あなたの偉大なご計画を想い、御名を崇めます。あなたの誉れは地の果て、私たちのいる島にまで及んでいます。それゆえ、私はあなたをほめたたえます。コラ人と共にあなたを賛美します。あなたの御国の約束を感謝します。その約束を胸に、この地上生涯、この祝福の約束を多くの人に分かち合うことができるように、私のすべてを用いてください。主イエス・キリストの御名を通して、お祈りします。アーメン。






閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱