2021年10月18日 ディボーション 

詩篇第二巻 47篇


『神への賛美』


 タイトルに「指揮者のために。コラ人による。賛歌。」とある。つまり、詩篇47篇の歌はコラ人が歌ったもの、ということである。ではコラ人とは誰か。彼らはレビの子孫たちである。彼らの祖先は、アロンの祭司としての立場に不満を抱き、ルベンの子孫たちと共謀してモーセに立ち向かうが、その行動は神の怒りに触れる。神は「滅ぼし尽くす」と言われたが、モーセによって、悪い者たちの天幕から離れた者たちは、神の怒りから免れ、生き残ることができた(民数記16)。この「離れた者たち」の中に、コラ人もいたのだろう。正しい選びをしたコラ人たちは、レビの子孫として、神殿にて神に仕える祭司を助ける働きをして来たのだろう。彼らは聖歌隊であったと思われる。その子孫たちの歌がこの詩篇47篇である。

 この歌はたぶん、モアブ人とアンモン人との戦いを前にしたヨシャファテ王にたいして、コラ人が歌ったものであろうと思われるが(第二歴代誌20:19)、これは、キリストの昇天と再臨を歌った歌である。


 「神は上られる。喜びの叫びの中を。主は行かれる。」(5)

 「神は国々を統べ治めておられる。神はその聖なる王座に着いておられる。」(8)


 聖書にある神への賛美には、楽器、歌、そして踊りがある。自分は踊りをもって神を賛美する奉仕をさせていただいているが、毎回、選曲はもちろん、振り付けに悩まされている。楽器や歌による神への賛美の壮大さは、身体では到底表現できないからである。歌詞に振り付けを合わせるとリズムに合わないし、リズムに振り付けを合わせると歌詞に忠実になれない。どうしよう、と悩んだ時、ダビデの踊りを思い出した。ダビデは、失われていた神の箱がダビデの町に戻されたとき、喜びのあまり、主の前で力の限り跳ね回り、踊ったのである。ここから、心に喜びがある踊りを神は喜ばれるのだと気付かされた。それからの私の振り付けは、歌詞に合わせるだけでなく、心の喜びを身体で表現することに集中するようになった。だから時には、歌詞に合った振り付けでないことに疑問を持たれることもあるが、「賛美」が心の喜びを表現するものであるなら、何かにこだわる必要はないのだと信じている。それがわからない人たちは、ダビデの妻のミカルのように心の中で蔑んでいるかもしれない。しかし、見ておられるのは全てを治めておられる神である。神を称え、神への喜びの賛美をする者たちを、神は喜んでおられるのだ。


祈り:

 主よ。私のようなものがあなたを賛美できますことを、ありがとうございます。あなたへの感謝の賛美は、私の心に喜びと平安を与えてくださいます。主が臨在される場所で、神に仕え、賛美されておられる兄弟姉妹の上に、主の豊かな祝福がありますように。楽器や歌、また踊り以外の形で、神を賛美しておられる兄弟姉妹の上にも神の豊かな祝福がありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。




閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱