2021年10月15日 ディボーション

詩篇第二巻 44篇


 神様は人間に痛みや苦悩を与えない、とは聖書のどこにも書いていない。希望のひとかけらもない絶望のどん底で出来ることはたったひとつ、祈ること。

 神様を信じて祈ることによって、心が解放されて自由になり救われる、と聖書に書いている。

 病気が治ったり、悩みが全部消えてハッピーな気分になる事が救いではない。思いがけない不幸な出来事や、受け入れがたい厳しい状況の中でも、私の心は決して神様から引き離されることはなく、私の魂は神様に守られて永遠に生き続ける、そう確信をもてることが救いだと思う。

 人生は山あり谷あり。うまくいってる時も、うまくいかない時も、神様の存在を忘れず、主の道からそれないことの大切さを、聖書は私たちに伝えてくれる。


 44篇前半では、神様への絶対的な信頼がほめたたえられている。ところが、中盤の9節からは打って変わり、主への苦情申し立てが始まる。

それなのに あなたは 私たちを退け 卑しめられました。」9節

あなたは私たちを 餌食となる羊のようにし 国々の間に散らされました。」11節


 このまま神様への不満が続き、望みを失くしてしまうのか、と思いきや、

起きてください。主よ なぜ眠っておられるのですか。目を覚ましてください。いつまでも拒まないでください。なぜ 御顔を隠されるのですか。私たちの苦しみと虐げをお忘れになるのですか。」23〜24節

と、神様を強く呼び求める言葉が現れ、そして、最後の26節でこう結ばれる。

立ち上がって 私たちをお助けください。御恵みのゆえに 私たちを贖い出してください。


 クリスチャンとは祈る人のことだ、と三浦綾子さんの本に書かれている。祈ることで、問題の解決方法が示されることもあるだろう。

 けれども、それよりもっと嬉しいのは、祈ることで神様の愛を知ること、イエス様と関わり合えること、聖霊様から力をもらえること。

 つまり、自分は一人じゃないんだと感じる心、神様と、いつもつながっている感覚、この恵みが、私たちの大きな支えとなり、苦難の中でも心を平安に保つことが可能になる。

 絶望の中であきらめたり、あるいは自分一人の力で乗り切ろうと考える必要はない。いつも私たちの魂を強め、癒して安らぎを与え、不安や恐れから救ってくださる神様を求めて祈りなさい、と聖書は教えてくれる。


祈り:

 愛する天のお父様。あなたの恵みによって今日も生かされていることに感謝します。苦難の中にいる時こそ、主に祈り続ける自分でいられますよう、どうか私を助けてください。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱