2021年10月14日ディボーション

詩篇第二巻 43篇


「God’s Light and Truth」


 他の多くの詩篇とは異なり、詩篇43はその作者が特定されていません。しかし、よく見てみると、詩篇43は詩篇42の続編なのではないか、という可能性もあると、多くの学者も考えています。実際、古い巻物の中には、42篇と43篇を合わせたものがあります。

詩篇42は、ダビデとソロモンの時代の礼拝指導者でコラの子たちであり、詩篇43もその同じ作者と考えてもよいでしょう。また、これまでの詩篇作者であるダビデとこの箇所が異なる一つの理由に、神の呼び方があります。ダビデは、神を直接 "ヤハウェ "と呼んでいますが、42篇と43篇の作者は、神を "エロヒム "と呼んでいるのです。また、ここでもう一つ注目すべきは、極度の嘆きと敵に圧迫されている状況が露わにされていることです(詩篇42:9)。このような特徴から、これらの詩篇はイスラエル人が追放された時代に書かれたと考える学者が多いようです。


 ほとんどが嘆きの10節の後、作者は「神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い 私の神を」(詩篇42:11)と宣言します。その後、詩篇43はスムーズに流れて、イスラエルの民を取り巻く不従順な人々からの救いを神に祈るのです。

また、作者は神に次のように求めています。「どうか あなたの光とまことを送り それらが私を導くようにしてください。あなたの聖なる山 あなたの住まいへと それらが私を連れて行きますように。」(詩篇43:3)。神の光と真理に導かれて、作者は「この上ない喜び」をもって神の祭壇に行き、神を賛美することを明らかにしています。そして、この詩篇は、冒頭と同じ言葉でしめ括られます。「神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い 私の神を。」(詩篇43:5)。


 亡命状態にあったイスラエルの民は、死の危険にさらされながらも、ネブカドネザルの金の像を拝むことを強要されましたが、それを拒否しました(ダニエル3章)。

 同じように、第二次世界大戦前の日本では、天皇を神として崇めることを国民に課しました。また、日本の初期キリスト教徒は、イエスが描かれた像(踏み絵)を踏まなければ、殉教を強いられました。現在のアメリカは非常に複雑になっています。アメリカの多くの国民は、すでに神を忘れ、世俗的な学校、ニュース、政府、その他証明されていない科学など、あらゆるものに信仰を置いてしまっている現実があります。

 私たちは、神に希望を置き、神の名を賛美し、救いはイエス·キリストによってのみ得られるという真実を忘れてはなりません。神の民は、これまで以上に、世の方法論ではなく、神の光と真理を求めて、神の導きを求め祈らなければなりません。現代世の中は、自分たちが「真理」だと主張することを日々私たちに説いてきます。しかし、ほとんどの場合、世が真実と主張することは、神の真実ではありません。詩篇42,43の作者が明らかにしているように、本当の真実は御ことばの中にしかないのです。救いは、キリスト·イエスによってのみ得られるのです。


父なる神様、

今日も御ことばをありがとうございます。主よ、あなたは私たちに教えてくださいました。

たとえ大変な時代であっても、あなたを賛美し、礼拝することこそ、私たちに求められていることだと。また、私たちをあなたの御前を歩むことは、あなたの真実と光のうちだけにあることを教えてくださって感謝します。

父よ、あなたの恵みによって、御子イエス·キリストを通してのみ、私たち全員に救いを与えられていますことを感謝します。父よ、感謝します。あなたを愛しています。In Jesus Name I Pray, Amen.




(Original)


God’s Light and Truth

 

Unlike most other psalms, Psalm 43 does not attribute its authoring to any particular writer. However, upon closer look, Psalm 43 seems most likely to be a continuation of Psalm 42. Many scholars also believe that this is indeed the case. In fact, some old scrolls combined Psalm 42 and Psalm 43. Because Psalm 42 is attributed to the Sons of Korah, a worship leader in the days of David and Solomon, it would be safe to assume that Psalm 43 can also attribute its authorship to them. Another clue that David is no longer the author of this Psalm is in the way that God is addressed. David, who was considered the friend of God, addressed God directly as “Yahweh.” The author of Psalms 42 and 43, however, now refer to God as “Elohim.” Another thing worth noting is the extreme lament, and a situation where the Psalter is being oppressed by an enemy (Psalm 42:9). Because of these features, many scholars believe that these are Psalms were written when the Israelites were in exile.

 

After  ten verses of mostly lamentation, the writer declares “Hope in God; for I shall again praise him, my salvation and my God” (Psalm 42,11). Psalm 43 flows smoothly after this verse praying to God for salvation from the ungodly people in which Israel is surrounded by. The author also asks God to: “Send out your light and truth; let them lead me; let them bring me to your holy hill and to our dwelling” (Psalm 43:3). Guided by God’s light and truth, the author reveals that he will go the the alter of God with “exceeding joy” and praise God. This psalm closes with the same words that it begins: “Hope in God; for I shall again praise him, my salvation and my God” (Psalm 43: 5).

 

The exiled Israelites, at the threat of death, were being forced to worship a golden statue of Nebuchadnezzar but refused to do so (Daniel 3). Similarly, people of Japan were somewhat forced to revere their emperor as a deity prior to World War II. Also in Japans past, may early Christians were forced to step on images of Jesus or face death. America today has become very complicated. Many people in America have already forgotten God and placed their faith in everything else whether it is their secular schools, news, governments, or other unproven sciences. We too must never forget to place our hope in God, praise His Name, remember that salvation is only through Jesus Christ. More than ever, the people of God must pray for God’s leading by seeking His light and truth, not the ways of the world. The world, as we all know, preaches to us everyday what it considers to be its “truth.” Almost always, however, what the world considers to be true is not God’s truth. As the author of Psalm 42,43 reveals, real truth can only be found in God’s Word. Salvation, is only through Christ Jesus.

 

Thank you Father, once again, for your Word today. You Lord, teach us that the best response, even in times of trouble, is to praise and worship you. You also reminded us that it is only Your truth and Your light that can lead us all into your presence. Thank you Father, for salvation, that You made available to all of us, by Your grace, only through your son Jesus Christ. Thank you Father. We love you. In Jesus Name I pray, Amen


閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱