2021年10月11日 ディボーション

詩篇第一巻 40篇


『救い主』


 主は、助けを求める者の叫びを聞いてくださるお方、また滅びの穴、泥沼から引き上げてくださるお方、そして、神への新しい賛美をこの口に授けてくださるお方である。主の守りの中で生きるとは、なんという安心、喜びであろうか。ダビデは、「わが神、主よ、なんと多いことでしょう。あなたがなさった奇しいみわざと、私たちへの計らいは。あなたに並ぶものはありません。語ろうとしても、告げようとしても、それはあまりに多くて数えきれません。」と歌っている。


 ダビデは、そのような感謝の祈りをささげつつも、差し迫る問題を目の前にして、「主よ みこころによって私を救い出してください。主よ 急いで私を助けてください。」(13)と祈っている。また、彼を滅ぼそうとする者たち、彼のわざわいを喜ぶ者たち、そして「あは、あは」とあざ笑う者たちが、辱められ、卑しめられ、自らの恥に唖然とするようにと祈っている。


 私は、私に苦しみをもたらす人に対して、具体的にどのような事をしてほしい、という祈りをしたことはない。理由は、祈りの中で必ず「では、どのようにして欲しいか」と訊かれるからである。そしてその後必ず、「死んで欲しいと思うか」ということばも聞こえるからである。私なりに感じるのは、「では、どのようにして欲しいか」ということばは神からだろうということ。しかし、「死んで欲しいと思うか」という言葉は悪魔からだろうということだ。そのような2つの言葉が聞こえる理由は、私に苦しみをもたらす人に対して、私の中に憎しみがあるからだろう。神は、その憎しみを愛に変えるため、悪魔の誘惑を許可されるのだと思うのだ。結果、そのような究極の結果を望んでいるわけではないという恐怖から、私に苦しみをもたらす人のための祝福の祈りへと導かれ、自らは悔い改め、「巖に立たせ、歩みを確かに」(2)させていただくのである。


 祈り:

あなたを慕い求める人たちがみな あなたにあって楽しみ 喜びますように。

あなたの救いを愛する人たちが 主は大いなる方と いつも言いますように。

私は苦しむ者 貧しい者です。主が私を顧みてくださいますように。」(16−17)

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱