• HCCnichigo

2021年1月7日 ディボーション

旧約聖書 列王記第一 16章

『太く短く or 細く長く』

●語られたこと

「10部族をあなたに与える」(列王記第一11:31)と言われたヤロブアムであったが、

1、金の仔牛を2頭作って、ベテルとダンに置いて宮とした。

2、レビの子孫でない、一般の民の中から祭司を任命した。

3、第8の月の15日に祭りを行った。

と言うようなヤロブアムの勝手な行いは主の目に罪となった。(列王記第一12:26) その為に、彼に続く歴代の王も残念な事に同じ過ちをそのまま引き継いでしまう。

人は時に、沢山ある方が良いと考えがち。ヤロブアムも預言者から語られたように、12部 族のうち10部族の王となり勢力を増していくのか…と思われた。しかし人の欲によって 動かされ、度重なる政権交代、内戦へと陥る。

そんな北イスラエル王国の歴史の書であるこの章の中に南ユダ王国の名前が4回も出てくる。

「ユダの王アサの第26年に…」27年、同じく27年、38年とどんどん政権が変わる 北イスラエルと対比するかのように、小国になった南ユダの政権が平安に守られていることが 記されている。それは南ユダ王、アサが父祖ダビデのように、主の目に叶うことを行ったゆえ だ。(列王記第一15:11)

 沢山の恵は全て神様から使わされたもの、元々は神様の物。神様の御心によるもの。人は何 も持たずこの世に生まれ落ちたことを忘れ、まるで自分が全てを動かすかの如く、神の御心に 耳を傾けない時、ヤロブアムの子孫のような顛末に陥る。

 小さな国となった南ユダ王国。しかし、アサ王のように先人の言い伝え、主の御心に耳を傾 け歩む人々が、主イエス様へとつながる部族となる事はとても励まさる。 今、大きな国アメリカに住む少数派日本人の私達。アサ王のように規模は小さくても主の目 に正しい事は何かを追い求め歩んで行きたい。

●祈り

 天の父なる神様。今日も貴方の御言葉を聴く時間をくださってありがとうございます。現在 アメリカでは政権交代と言う大きな歴史の間におります。その中でも周囲に揺り動かされる事 なく、貴方の目に叶うことが私の立法である事をいつも思い出させて下さい。心の弱い私で す。どうぞいつもそばにいてください。イエス様のお名前を通して御前にお捧げいたします。 アーメン。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月31日ディボーション

Ⅱ列王記18章 18章9、10節「ヒゼキヤ王の第四年、イスラエルの王エラの子ホセアの第七年に、アッシリアの王シャルマネセルがサマリアに攻め上って来て、これを包囲し、三年後にこれを攻め取った。すなわち、ヒゼキヤの第六年、イスラエルの王ホセアの第九年に、サマリアは攻め取られた。」 この箇所は、歴史的な出来事が記されている。つまり北イスラエル王国が滅亡したということだ。その前から、少しづつ王国は削られて

2021年1月30日ディボーション

II列王記17章 『旧約の神さまの痛み』 ●学んだこと: アブラハムから始まったイスラエルの歴史、その終焉の章である。 カナンの地でヤコブがイスラエルの名を拝したのは、史実としては紀元前1700年ごろ。飢饉から逃れてエジプトに移住、一族は12部属に分かれて子孫を増やした。そして神さまが遣わしたモーセが、エジプト脱出を救済。それが前1280年ごろ。 この章でのできごとは前722年ごろのことだから、イ

2021年1月29日ディボーション

列王記 第二 16章 『まことの神に信頼する』 ここに登場するのは、南ユダ王国12代目の王様アハズだ。彼のことは、2~3節にまとめられている。16章は悲しきかな、主なる神様からどんどんと離れていき堕落していくアハズ王の様が描かれている。 振り返れば、イスラエル王国が分裂して、もう約200年になる。もともとは一つの国、主の民だったのに、今では互いに争っている。 そのような争いの中で、アハズはついにア

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com