top of page
  • HCCnichigo

2021年1月5日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記14章

『南北に分かれたイスラエルの指導者と民たち』


ソロモンの死後、イスラエルは二つの国に分裂し、南王国はレハブアム王。 北王国はヤロブアム王が国を治めるようになりました。

 北王国の事は1節~20節まで書かれています。後半の21節~29節までは南王国の状態が書かれています。

 始めに北王国ですが、ヤロブアム王は偶像を作ったり、権限のない祭司の仕事をしたために息子、アビヤは死んだ。この王は神様が選ばれた王だったのに、ダビデのように神様を大事にしなかったためです。しかし、息子のアビヤは、主の御心にかなう生き方をしていた。神さまはヤロブアム王に期待をされたのですが息子の死という(身代わりのイエス・キリスト)悲しむことが起きました。

 次は南王国ですが、ユダの人々が神の前に悪い事(偶像礼拝、神殿で男娼など)を行ったので、宮と王宮の全財宝は盗まれてしまった。


●教えられたこと

 この章で学ぶことは王であれ、選ばれた民であっても、神さまの嫌われていることをしているかどうか? ここでも教えられる事は、王であれ、民であり主の前に正しく歩む事を神は待っておられたという事です。もし神の前に立ち返ることが出来たら良いのにと聖書から学びます。

 どうかダビデが歩んだように、しっかりと神様に繋がって生きる事をお勧めします。この書のように神様から離れて、人は神以外のものに心を奪われないことです。


●お祈り

天のお父様、今日もこの聖書から私に教えて下さり感謝します。どうかこの章に書かれてあるようにあなたから離れて行かないようにしてください。感謝な事はあなたが私たちに聖霊として共に住んでおられることです。感謝します。

この聖霊様と共に生きていく事を選んでいけるよう助けて下さい。間違った道に歩みそうでしたら教えてください。イエスの名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page