top of page
  • hccnichigo

2021年1月31日ディボーション

Ⅱ列王記18章 


18章9、10節「ヒゼキヤ王の第四年、イスラエルの王エラの子ホセアの第七年に、アッシリアの王シャルマネセルがサマリアに攻め上って来て、これを包囲し、三年後にこれを攻め取った。すなわち、ヒゼキヤの第六年、イスラエルの王ホセアの第九年に、サマリアは攻め取られた。」

 この箇所は、歴史的な出来事が記されている。つまり北イスラエル王国が滅亡したということだ。その前から、少しづつ王国は削られていたのだが、最期の時がここに記されている。

17章22、23節には、滅亡の理由が「ヤロブアムの罪」であることがはっきりと記されている。この時以来、北イスラエル王国の10部族は「失われた10部族」と呼ばれ、地の果てまでも散り散りになってしまい、今日もそうである。

 この「失われた10部族」がその後どうなったのかについては、多くの研究書が出版されている。人々の興味を掻き立てる事柄なのだろう。

18章24節からは、南ユダ王国の歴史が主になり、25章においては、南ユダ王国の陥落に至る。

 ところで、この「失われた10部族」がシルクロードを通って中国にまで来たという説は、かなり信憑性がある。そしてそこから日本にまで来て、文化的に影響を与えたという説も歴史的に十分にあり得ることだと思う。(ただし、日本人の先祖がユダヤ人であるという日ユ同祖論になると、行き過ぎだと思われる。)

 もしそうであるなら、その日本に来たユダヤ人たちは、「ヤロブアムの罪」を持ってきたはずである。その証左として一つ思うことは、北イスラエル王国が滅亡した後、多くのユダヤ人がアッシリヤ帝国に捕囚となって連れて行かれたが、サマリヤの街に残されたユダヤ人もいた。その時、周囲の国からサマリヤに入り込んできた異邦人の偶像のカミと真の神を、同時に拝むということが行われたと記されている(17章41節)。

 世界の中で、複数の神々を同時に拝める民族は、あまり多くない。日本人は古来より、それが出来る宗教性がある。クリスマスを祝い、新年は神社に行き、神棚を祭り、しかし葬式は仏教で行い、結婚式はキリスト教がいいという、最近では宗教のハシゴが流行っているともいわれる。このように同時に拝めるという宗教性は、もしかしたら「失われた10部族」からもたらされたヤロブアムの罪の名残りかもしれない。

語られたこと:


いずれにしても、私たちは、ヤロブアムの罪という、神の御前に自分の実体を隠すという事から、聖霊と真理による礼拝を捧げる者でありたいと心から願う。

 さらに、この「失われた10部族」も、やがてキリストのもとに一つに集められるという預言が必ず成就することも心に留めておきたい。神の真実、永遠の愛の確かさをそこに思う。

祈り:


 天の父なる神さま。私たちが、まず真の礼拝者として、いつも主の御前に出るものでありますように。ヤロブアムの罪から私たちを清めてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page