• HCCnichigo

2021年1月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第二 15章

『イエスさまは特効薬』


●学んだこと、語られたこと:


 王家に生まれ16歳で王となったアザルヤ。52年間王だったとあるが「主が王を撃たれたので、彼は死ぬまでツァラトに冒された者となり、隔離された家に住んだ。」(15節)とある。長生きしても、金銭的に恵まれていても、人間として幸せな時はあったのだろうか?

 彼の罪は先の王たちと同じ。ヤロブアムの罪をそのまま引き継いでいる事。それまでも沢山の王が主の目にかなわなければ撃たれている。あっという間に剣で殺されるような王がいる時代、アザルヤは52年も生かされている。これは、神様が下さったチャンスだったのではないだろうか?神様は自分で間違いに気づいて正すことをして欲しかったのだと思う。神様のくださるチャンスに気づくためには頑な心ではダメだと思った。

 レビ記13章、14章に細かく主がモーセに告げたツァラトに冒された人への対処方法が記されている。この決まりに則ってアザルヤも隔離されていのだが、イエスさまがお生まれになってこの病気に関する価値観は大きく変わった。

 マタイによる福音書の中でイエス様が沢山の病人を癒す箇所が記されている。当時はレビ記に則って隔離されていた人もイエスさまを信じ、神様の御心によって癒されいてる。実際に今も私たちの身近で癒された人たちが沢山いる。とても励まされる。

 コロナウイルスと言う全く新しい病によって私たちの生活は様々な制限を余儀なくされている。世界中が、まるでツァラト冒されて隔離されているみたい。しかし私たちにはイエス様と父なる神様が一緒にいてくださる。主は今も生きておられるので、どんな新型コロナのさらに新型が現れても対処してくださるだろう。しかしそこにはヤロブアムの罪を見て見ぬふりしたアザルヤのような固い心ではなく、父なる神様とイエス様の恵みを信じる柔らかい心が必要と気付かされた。


●祈り:

 天の父なる神様。今日まで私たちをお守りくださり、ありがとうございます。マタイによる福音書5章6節「あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるからです。」とあるように、病にある人と共に歩めるような人格にしてください。また私たちが病や困難になる時に、その意味を、貴方が何を私たちに語ろうとしているのか理解できるような人格に育てて下さい。主イエスキリストのお名前を通して御前にお捧げいたしますアーメン。

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com