top of page
  • hccnichigo

2021年1月27日ディボーション

第二列王記 14章


『殺人の罪の贖い、主の憐れみと救い』


語られたこと:


 ユダの王となったアマツヤは、亡き王であった父を討った家来たちを殺した。でも、殺害者の子供達は殺さなかった。それは、アマツヤがモーセの律法に従ったからだ。

 主がその中で、「父が子のゆえに殺されてはならない。子が父のゆえに殺されてはならない。人が殺されるのは、ただ自分の罪過のゆえにでなければならない。」と語られておられる。自分が犯した罪は、自分自身が罪過を負わなければならない。それは、誰も変わってあげることはできないことである。

 最後は、神の前に立つのは自分自身であるということが語られた。モーセの十戒の中にでてくる「殺してはならない」という十の中の一つがそう書き記されている。


 主は、イスラエルの民が苦しんでいるのをみて、イスラエルの名を天の下から消し去ろうとは言っておられずに、あえて、慈愛の気持ちからヤロブアムをとおして救われた。そこに、真実なる神の愛をしめされた。神は、私達が苦しみの中にいても、私達を決して見放されずに私達と共におられて、私達と共に苦しみ、嘆いておられるお方である。そのような愛の神様、真の神様のことを多くの人々に伝えずにはおれないということが、聖書を通してしめされることである。


祈り:


 愛する天の父なる神様、あなたの御名をほめたたえます。

あなたは、愛のある慈しみ深いお方です。私があなたになんども背を向けていた時にもあなたは忍耐して待っておられました。苦しみ、嘆きのなかを歩いていた時もいつも共におられて、みことばの励ましを与えてくださいました。一方的な愛でいつも私達を見守っていて下さって感謝します。あなたの愛を多くの人々に伝えることができるように、私達に勇気を与えてください。恐れを取り除いてください。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page