• HCCnichigo

2021年1月27日ディボーション

第二列王記 14章


『殺人の罪の贖い、主の憐れみと救い』


語られたこと:


 ユダの王となったアマツヤは、亡き王であった父を討った家来たちを殺した。でも、殺害者の子供達は殺さなかった。それは、アマツヤがモーセの律法に従ったからだ。

 主がその中で、「父が子のゆえに殺されてはならない。子が父のゆえに殺されてはならない。人が殺されるのは、ただ自分の罪過のゆえにでなければならない。」と語られておられる。自分が犯した罪は、自分自身が罪過を負わなければならない。それは、誰も変わってあげることはできないことである。

 最後は、神の前に立つのは自分自身であるということが語られた。モーセの十戒の中にでてくる「殺してはならない」という十の中の一つがそう書き記されている。


 主は、イスラエルの民が苦しんでいるのをみて、イスラエルの名を天の下から消し去ろうとは言っておられずに、あえて、慈愛の気持ちからヤロブアムをとおして救われた。そこに、真実なる神の愛をしめされた。神は、私達が苦しみの中にいても、私達を決して見放されずに私達と共におられて、私達と共に苦しみ、嘆いておられるお方である。そのような愛の神様、真の神様のことを多くの人々に伝えずにはおれないということが、聖書を通してしめされることである。

祈り:

 愛する天の父なる神様、あなたの御名をほめたたえます。

あなたは、愛のある慈しみ深いお方です。私があなたになんども背を向けていた時にもあなたは忍耐して待っておられました。苦しみ、嘆きのなかを歩いていた時もいつも共におられて、みことばの励ましを与えてくださいました。一方的な愛でいつも私達を見守っていて下さって感謝します。あなたの愛を多くの人々に伝えることができるように、私達に勇気を与えてください。恐れを取り除いてください。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた