• HCCnichigo

2021年1月25日 ディボーション

旧約聖書 列王記第二 12章

『恵みを存分に運用しているか?』


 ヨシュア王は祭司エホヤダと祭司たちを呼んで彼らに言った「なぜ、神殿の破損を修理しないのか。もうあなた方は、自分の担当する者たちからの金を受け取ってはならない。神殿の破損にそれを充てなければいけないからだ」7節


●学んだこと、語られたこと。

 この章は王が神殿修理を怠っている祭司を一喝する話。もしイエスさまの得意な例え話ならこうなる・・・と思った。

 神様から沢山の日々の恵みを頂いているのに、それを用いてなぜ神に報いないのか? とイエスさまに言われた気がした。

 私が頂いている神様からの恵みは何か? 沢山ある・・・と思う。しかし宝を蔵の中にしまいっぱなしのように、コロナ禍だからと言って家に引きこもってばかりでなく、発信しろ! と言われた気がした。インターネットの普及、個人端末の普及によって、イエスさま、父なる神の愛を伝える事はある意味容易な世の中になった。今、その私に必要なのは発信し続けること。最近、その私の発信の犠牲(?!)になっている友人がいる。その方より、「You are so Chritian!」と言われた。私の発言、行動からそう感じたとの事。とても嬉しいコメントだと思った。また一人、神様の葡萄の木に繋がる枝が増えた。

 コリント人への手紙 第一 9章16節でパウロ先生がこう語っている。「私が福音を述べ伝えても、私の誇りになりません。そうぜずにはいられないのです。福音を宣べ伝えないなら、私はわざわいです。」そう、パウロ先生が言うように、宝の持ち腐れは、本当に腐ったミカンのように災いです。そうならないように、日々、主の御言葉に預かる恵みに感謝です。そう考えると神様は私たちをいつもフレッシュに保ってくれる冷蔵庫のような存在。保つだけでなく、新しく変えてくださる。まさに再生の神様。神様の冷蔵庫に入れてもらって感謝です。

 父なる神様からいただいた恵み、タレントを今日も使って地球と言う壊れた主の神殿を治す事に力を尽くしたい。


●祈り

 天の父なる神様。今日も貴方の恵みによって生かされています。心から感謝いたします。貴方から頂いたタレントを蔵にしまっておくのではなく、存分に使って貴方に繋がる人を一人でも多く導きたいです。それが、貴方がお作りになった地球と言う私たちの神殿を修復することに繋がると信じます。主イエスキリストのお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた