top of page
  • hccnichigo

2021年1月24日ディボーション

列王記第二11章 

『神の歴史(聖書)の中のキーパーソン』


 金曜日に皆さんとしているディボーションで、「旧約聖書は人物名が多すぎて、名前を覚えるのがまず大変!」という分かち合いがあった。確かに!!

 その中でも特に今、私たちが通読している列王記も章ごとと言ってもよいほど、やたらと人の名前が出てくる。

 列王記は、英語では“Kings”、ヘブル語聖書でも”王たち”という意味である。そのタイトル通り、イスラエルと分裂してしまう南北の王国が王様を中心に代々歩む道が見事に記録されている。

 そのような民に主の目はずっと向けられている。そして、主はいつも「ここぞ!」というタイミングで、歴史を変えるキーパーソンを送られる。いや、そのようにして、神の歴史は築かれていったのだ。しかも、それはエリヤやエリシャのような、私たちから見てもいわゆる有名人だけではない。


 11章には、神の歴史を築く一組の夫婦が登場する。祭司エホヤダとその妻エホシェバだ。彼らがいなければ、南ユダ王国の歴史は11章で終わっていた。何故なら、1節でアハズヤの母アタルヤは、「ただちに王の一族全員を滅ぼした。」とあるからだ。

 しかし、この夫婦は「ダビデとその子孫に常にともしびを与える」(8章19節)という約束を信じていたのだろう。彼らは後に、王となる赤子のヨアシュをずっとかくまい育て、何と七歳という若さで南ユダ王国の王様に即位させたのである。


 聖書はそのような信仰者たちの生きた証が散りばめられている。神様は、確かに人を通してご自身の計画を成し遂げられ、歴史を導いておられる。

 今も神様の歴史は現在進行中だ。私たちもその歴史の一部を生きている。確かにこの2000年間、神様は教会という神の民を通して、今日まで聖霊とともに神様の歴史を導かれた。2021年を生きる私も「ここぞ!」という神様の時に、神様の願い、ご計画のために用いて頂けるよう、常に信仰の火を絶やさずに神様の歴史の中を歩ませていただきたい。

天のお父様、

あなたのみことばを通して、あなたと民とのこれまでの歴史を深く知ることのできる恵みを感謝します。その歴史の中であなたの御心を成し遂げるために立ち上がった信仰者たちから私は多くのことを教えられます。感謝します。

私もこの特別な時代にあって、あなたのご計画のために生きることができますように。あなたの栄光のために、祭司エホヤダとその妻エホシェバに備られた勇気を、私にも与えてください。アーメン。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page