• HCCnichigo

2021年1月24日ディボーション

列王記第二11章 

『神の歴史(聖書)の中のキーパーソン』


 金曜日に皆さんとしているディボーションで、「旧約聖書は人物名が多すぎて、名前を覚えるのがまず大変!」という分かち合いがあった。確かに!!

 その中でも特に今、私たちが通読している列王記も章ごとと言ってもよいほど、やたらと人の名前が出てくる。

 列王記は、英語では“Kings”、ヘブル語聖書でも”王たち”という意味である。そのタイトル通り、イスラエルと分裂してしまう南北の王国が王様を中心に代々歩む道が見事に記録されている。

 そのような民に主の目はずっと向けられている。そして、主はいつも「ここぞ!」というタイミングで、歴史を変えるキーパーソンを送られる。いや、そのようにして、神の歴史は築かれていったのだ。しかも、それはエリヤやエリシャのような、私たちから見てもいわゆる有名人だけではない。


 11章には、神の歴史を築く一組の夫婦が登場する。祭司エホヤダとその妻エホシェバだ。彼らがいなければ、南ユダ王国の歴史は11章で終わっていた。何故なら、1節でアハズヤの母アタルヤは、「ただちに王の一族全員を滅ぼした。」とあるからだ。

 しかし、この夫婦は「ダビデとその子孫に常にともしびを与える」(8章19節)という約束を信じていたのだろう。彼らは後に、王となる赤子のヨアシュをずっとかくまい育て、何と七歳という若さで南ユダ王国の王様に即位させたのである。


 聖書はそのような信仰者たちの生きた証が散りばめられている。神様は、確かに人を通してご自身の計画を成し遂げられ、歴史を導いておられる。

 今も神様の歴史は現在進行中だ。私たちもその歴史の一部を生きている。確かにこの2000年間、神様は教会という神の民を通して、今日まで聖霊とともに神様の歴史を導かれた。2021年を生きる私も「ここぞ!」という神様の時に、神様の願い、ご計画のために用いて頂けるよう、常に信仰の火を絶やさずに神様の歴史の中を歩ませていただきたい。

天のお父様、

あなたのみことばを通して、あなたと民とのこれまでの歴史を深く知ることのできる恵みを感謝します。その歴史の中であなたの御心を成し遂げるために立ち上がった信仰者たちから私は多くのことを教えられます。感謝します。

私もこの特別な時代にあって、あなたのご計画のために生きることができますように。あなたの栄光のために、祭司エホヤダとその妻エホシェバに備られた勇気を、私にも与えてください。アーメン。

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com