2021年1月23日ディボーション

Ⅱ列王記10章


『10章に長居はしなくて良いですよ』


●学んだこと


「私と一緒にきて、主に対する私の熱心さをみなさい」16節

 10章では、イスラエルのエフー王がバアル信仰を撲滅するため、本人曰く「熱心」に、女も子どもも一人残らず殺すという血生臭い宗教革命を行なっていた。

 私は、猟奇殺人じみた行為に”熱心”という言葉を使うこと自体がわからない。エフーは主のみことばに、自分の肉の熱心さまで加えてしまったのかとも想ってみたが、なんだかエフーという登場人物に興味が持てない。

 バアルの神殿を打ち壊して便所にしてしまうとは、なんて下品な王だと感じてしまうのだ。挙げ句、自分は金の子牛の偶像礼拝をやめなかった。は~~~???

 主に熱心に従いつつも、真逆の裏切りをしている自分自身を黙想してみようかな、とも想うのだが、10章の殺戮を読んだ後ではげんなりするばかりだ。


 By the way、

「そのころ、主はイスラエルを少しずつ削り始めておられた。」32節

 神さまはすでに、別の計画に進んでおられる。いよいよイスラエルが終わりの時を迎えるのだ。だから10章には長居をしなくて良いよ、というサインだと受け取ることにした。


 折に触れて霊的同伴をしてくれるチャーチの先輩が何年か前、「強い刺激のデボーションではなく、優しく平安に導いてくれるデボーションがしたい時、カウマン夫人の『潤った園のように』もお勧めよ」と教えてくれた。久しぶりにあの本を開いてみよう。


●祈り


 愛する天のお父さま、王国の滅亡の下り坂はけっこうキツいです。けれどそのご計画の全てが新約で成就していくのだと気づく時、神さまの計り知れない、人知を超えた御技を想います。

 また、大いなる神さまに安心を覚えます。あとはお任せします! と、幼子のようにダイブできますよう、私を清めてください。聴いてくださってありがとうございます。

 イエスさまの御名で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

「主よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、私はさばきについてあなたにお聞きしたいのです。 なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな安らかなのですか。」(1節) エレミヤの主に対する祈りは、かなり切羽詰まった言い方だと思わされた。主と論じても、主が正しいのは100% であることを知っているのに、それを覚悟のうえでの主への祈りは、「なぜ、悪者の道が栄え、裏切りを働く者がみな

エレミヤ書11章 『なんだっけ? 契約と預言』 「この契約のことばを聞け。これをユダの人とエルサレムの住民に語れ。」(2節) 冒頭のこの、主のことばを聞いて2つのことを思った。 ①神さまの契約ってなんだっけ? 「わたしの声に聞き従い、すべてわたしがあなたがたに命じるように、それを行え。そうすれば、あなたがたはわたしの民となり、わたしはあなたがたの神となる」(4節) これが神さまの契約だ。ただし契約

エレミヤ書10章 10章の前半は、偶像の神々の虚しさと、天地を造られた真の神が対比されている。 「それは、きゅうり畑のかかしのようで、ものも言えず、歩けないので、運んでやらなければならない。そんなものを恐れるな。害になることも益になることもしないからだ。(5節) 8、9節には、その偶像がどんなに名匠の作であり、高価な素材を使っていても、「間抜けであり、愚かなこと。」(8節抜粋)とされている。 それ