top of page
  • hccnichigo

2021年1月23日ディボーション

Ⅱ列王記10章


『10章に長居はしなくて良いですよ』


●学んだこと


「私と一緒にきて、主に対する私の熱心さをみなさい」16節

 10章では、イスラエルのエフー王がバアル信仰を撲滅するため、本人曰く「熱心」に、女も子どもも一人残らず殺すという血生臭い宗教革命を行なっていた。

 私は、猟奇殺人じみた行為に”熱心”という言葉を使うこと自体がわからない。エフーは主のみことばに、自分の肉の熱心さまで加えてしまったのかとも想ってみたが、なんだかエフーという登場人物に興味が持てない。

 バアルの神殿を打ち壊して便所にしてしまうとは、なんて下品な王だと感じてしまうのだ。挙げ句、自分は金の子牛の偶像礼拝をやめなかった。は~~~???

 主に熱心に従いつつも、真逆の裏切りをしている自分自身を黙想してみようかな、とも想うのだが、10章の殺戮を読んだ後ではげんなりするばかりだ。


 By the way、

「そのころ、主はイスラエルを少しずつ削り始めておられた。」32節

 神さまはすでに、別の計画に進んでおられる。いよいよイスラエルが終わりの時を迎えるのだ。だから10章には長居をしなくて良いよ、というサインだと受け取ることにした。


 折に触れて霊的同伴をしてくれるチャーチの先輩が何年か前、「強い刺激のデボーションではなく、優しく平安に導いてくれるデボーションがしたい時、カウマン夫人の『潤った園のように』もお勧めよ」と教えてくれた。久しぶりにあの本を開いてみよう。


●祈り


 愛する天のお父さま、王国の滅亡の下り坂はけっこうキツいです。けれどそのご計画の全てが新約で成就していくのだと気づく時、神さまの計り知れない、人知を超えた御技を想います。

 また、大いなる神さまに安心を覚えます。あとはお任せします! と、幼子のようにダイブできますよう、私を清めてください。聴いてくださってありがとうございます。

 イエスさまの御名で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page