• HCCnichigo

2021年1月23日ディボーション

Ⅱ列王記10章


『10章に長居はしなくて良いですよ』


●学んだこと


「私と一緒にきて、主に対する私の熱心さをみなさい」16節

 10章では、イスラエルのエフー王がバアル信仰を撲滅するため、本人曰く「熱心」に、女も子どもも一人残らず殺すという血生臭い宗教革命を行なっていた。

 私は、猟奇殺人じみた行為に”熱心”という言葉を使うこと自体がわからない。エフーは主のみことばに、自分の肉の熱心さまで加えてしまったのかとも想ってみたが、なんだかエフーという登場人物に興味が持てない。

 バアルの神殿を打ち壊して便所にしてしまうとは、なんて下品な王だと感じてしまうのだ。挙げ句、自分は金の子牛の偶像礼拝をやめなかった。は~~~???

 主に熱心に従いつつも、真逆の裏切りをしている自分自身を黙想してみようかな、とも想うのだが、10章の殺戮を読んだ後ではげんなりするばかりだ。


 By the way、

「そのころ、主はイスラエルを少しずつ削り始めておられた。」32節

 神さまはすでに、別の計画に進んでおられる。いよいよイスラエルが終わりの時を迎えるのだ。だから10章には長居をしなくて良いよ、というサインだと受け取ることにした。


 折に触れて霊的同伴をしてくれるチャーチの先輩が何年か前、「強い刺激のデボーションではなく、優しく平安に導いてくれるデボーションがしたい時、カウマン夫人の『潤った園のように』もお勧めよ」と教えてくれた。久しぶりにあの本を開いてみよう。


●祈り


 愛する天のお父さま、王国の滅亡の下り坂はけっこうキツいです。けれどそのご計画の全てが新約で成就していくのだと気づく時、神さまの計り知れない、人知を超えた御技を想います。

 また、大いなる神さまに安心を覚えます。あとはお任せします! と、幼子のようにダイブできますよう、私を清めてください。聴いてくださってありがとうございます。

 イエスさまの御名で感謝して祈ります。アーメン

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

2021年2月22日 ディボーション

歴代誌 第一 7章 『ヌンの子ヨシュア』 ●語られたこと: 第7章もヤコブの12人の子供達のうちの一部の家系が登場する。その中でも11男ヨセフの子供達の話に心引き寄せられた。なぜならエゼルとエルアデは家畜を奪おうとして殺されている。(21節)しかし、その後に続く人々の中からヌンの子ヨシュアが登場する(27節) ここで二つの事を考えた。まず一つ目。ヤコブの家族は主に祝福されていて、家畜を奪わなければ

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com