top of page
  • hccnichigo

2021年1月21日ディボーション

旧約聖書:Ⅱ列王記8章 


 北イスラエル王国と南ユダ王国の歴史が交差し、またそこに他国との関わりが入ってくるので、状況を理解するのに時間を要するが、整理していくと全体像が見えてくる。

 アハブとイゼベルという北イスラエル王国史上の最悪のコンビについては、Ⅱ列王記の書き出しが「アハブの死後」(1:1)と記されている通りだが、アハブを操っていたイゼベルは依然として影の権力を握っていた。

 そしてなんと、イゼベルの娘アタルヤが、南ユダ王国ヨラム王の妻となっていたのである。そのために南ユダ王国もアハブと同じ罪を犯した。(8:18)これは、間違いなくイゼベルの策略である。娘のアタルヤを南王国に送り込むことで、南王国をも影で支配したのである。この時イゼベルの罪は、北王国だけではなく南王国をも浸食していたということだ。

 しかし、9節にはこのように書かれている。「しかし、主はそのしもべダビデに免じて、ユダを滅ぼすことを望まれなかった。主は、ダビデとその子孫に常にともしびを与えると彼に約束されたからである。」

 南王国のユダ族からメシヤは誕生する。それがダビデのともしびである。それがゆえに、北王国は滅んでも、南王国は滅びを免れたのだ。

 イゼベルの影の支配が南王国に入ってきたところで、神のストップがかかる。南王国に手を出したイゼベルとアタルヤの命運もこれまでとなった。

 この出来事を大局的に見るならば、歴史は常に、この「ダビデのともしび」を消そうする勢力がいることを現わしている。イスラエル民族は、何度もホロコーストの危機にさらされている。しかし、それでも滅び尽くされないのは、「ダビデのともしび」を与えた神の約束のゆえなのだ。

 イゼベルの最大の罪は、バアルの偶像で国を満たし、真の神の預言者を虐殺したことだが、それが意味することは、「ダビデのともしび」を消す、つまり南ユダ王国を支配、神から引き離し、メシヤの系図を断ち切ること、それはイエスの誕生を阻止することだったのだ。

語られたこと

 今でもイスラエル民族は、神の計画の中心的存在である。「ダビデのともしび」は、今も消えていない。私たちは、イスラエルの平和を祈り、イスラエル民族がイエスをメシヤ(救い主)として受け入れ、全世界の祝福の基となるという本来の使命を取り戻すことができるようにと心から願いたい。


祈り

 天の父なる神さま。イスラエルの平和を祈ります。アブラハムの子孫である彼らを祝福します。どうぞ、彼らが、イエスをメシヤ(救い主)として受け入れることが出来ますように、心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page