top of page
  • HCCnichigo

2021年1月20日ディボーション

第二列王記 7章


[主のことばを聞きなさい。]


語られた事:


 エリシャが主から言われたこと、「明日の今ごろ、サマリヤの門で、上等の

小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。」を侍従に言った。でも、侍従は、「たとえ主が天に窓を作られたとしてもそんなことがあるだろうか。」と信じなかった。エリシャはそのことを言う前にあえて、「主のことばを聞きなさい。」と前置きに強調しているにも関わらず侍従は信じようとしなかった。エリシャはさらに、2節、「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」とさとすように言ったにもかかわらず、侍従は無関心で、食べることができないどころか命をもとられてしまう。確かに、飢饉の時に小麦粉や大麦が手に入ることは不可能に等しいことである。侍従もそう思ったにちがいない。けれども、神に不可能なことは何一つもないということを知っていたら自滅せずにすんだと思う。

現に神は次から次へと不可能なことを起こされておられる。


 一方、ツァラアトに冒された人たちの行動は、まさに神への悔い改めを思わされた。神は彼らの善意をみられて、神は彼らに介入され、彼らに勇気ある行動をおこさせて下さった。彼らの善意のお陰でイスラエルの民は飢饉から救われた。神はどんな人でも私達の救いの為にお使いになられる。この名もないツァラアトに冒された人たちがそうであったように。

 神は、私に、「目で見て、食べることができなくなるより、食べれるようになりなさい。そのためにも 謙遜になり、神のことばをしっかりきく者になりなさい。」ということがしめされた。


祈り

 愛する天の父なる神様、あなたのみことばは永遠なものです。そのみことばから耳をそらすことがないように、みことばに聞き従っていくことができますように導いて下さい。あなたに不可能なことは何一つもありません。信仰の弱い私がそのことを信じて歩むことができますように助けて下さい。感謝して

主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page