• HCCnichigo

2021年1月20日ディボーション

第二列王記 7章


[主のことばを聞きなさい。]


語られた事:


 エリシャが主から言われたこと、「明日の今ごろ、サマリヤの門で、上等の

小麦粉一セアが一シェケルで、大麦二セアが一シェケルで売られるようになる。」を侍従に言った。でも、侍従は、「たとえ主が天に窓を作られたとしてもそんなことがあるだろうか。」と信じなかった。エリシャはそのことを言う前にあえて、「主のことばを聞きなさい。」と前置きに強調しているにも関わらず侍従は信じようとしなかった。エリシャはさらに、2節、「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。」とさとすように言ったにもかかわらず、侍従は無関心で、食べることができないどころか命をもとられてしまう。確かに、飢饉の時に小麦粉や大麦が手に入ることは不可能に等しいことである。侍従もそう思ったにちがいない。けれども、神に不可能なことは何一つもないということを知っていたら自滅せずにすんだと思う。

現に神は次から次へと不可能なことを起こされておられる。


 一方、ツァラアトに冒された人たちの行動は、まさに神への悔い改めを思わされた。神は彼らの善意をみられて、神は彼らに介入され、彼らに勇気ある行動をおこさせて下さった。彼らの善意のお陰でイスラエルの民は飢饉から救われた。神はどんな人でも私達の救いの為にお使いになられる。この名もないツァラアトに冒された人たちがそうであったように。

 神は、私に、「目で見て、食べることができなくなるより、食べれるようになりなさい。そのためにも 謙遜になり、神のことばをしっかりきく者になりなさい。」ということがしめされた。


祈り

 愛する天の父なる神様、あなたのみことばは永遠なものです。そのみことばから耳をそらすことがないように、みことばに聞き従っていくことができますように導いて下さい。あなたに不可能なことは何一つもありません。信仰の弱い私がそのことを信じて歩むことができますように助けて下さい。感謝して

主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com