• HCCnichigo

2021年1月19日ディボーション

旧約聖書:2列王記6章

『エリシャとアラム』


●1節~7節 預言者エリシャと弟子たちの日常の行動、弟子は借り物の斧をヨルダン川に落としてしまったが、エリシャに聞くと無事に戻って来た。

●8節~23節 アラム王がイスラエルに勝てない理由は預言者エリシャにあると感じ、戦車と大軍をエリシャ殺しのために進んで行ったが、エリシャの祈りによって目が見えなくなった。その結果、アラムの家来たちはイスラエルのど真ん中に居る事気が付いた。

イスラエルの王はエリシャに敵を攻撃して良いかどうかを訪ねた所、敵に盛大なおもてなしをして去らせた。

●24節~33節 アラム王はイスラエルのサマリアに大きな飢きんがあったので、軍隊を送ってサマリアの町を包囲して滅ぼそうとした。サマリヤの町の中では子供を食べる事件まで起こって、事の起こりはエリシャにあると言って彼を殺しに行った。


●教えられたこと

 私はこの聖書個所を読んでいて、神さまを無視というか考えに入れないと、そこから自分の思いしか出て来ないという事です。神が居なくて出てきた思いは、自分の思った事が一番良いと考えてしまう事です。

 確かに神さまが居なかったらの世界ですが、神はいるという考えから行動すると全く違う世界が見えてくるのです。

 エリシャは神に近かったので、神様からの事を思い伝えることが出来ました。私は一つでも多くの事を神さまに繋げて考えられるようにと願うのです。


●お祈り

天のお父様、どうかクリスチャンがエリシャのようにあなたの事を思い、主にあって良き交わりが出来ますように! そう出来ないと苦しみだらけで、神無しの思いに染まってしまいます。同じ苦しみの中にあってもそこに希望がありません。神無しよりも神有りのようになることを望んでいます。

どうして神さまの思いがイスラエルに広がらなかったのでしょうか? イスラエルに素晴らしいことが起きたのに気が付かなかったリーダーや人々が大勢だったのです。今の私たちの世界も神と人との関係は、昔と変わりません。

どうか私も含め、一人でも多くの人が神によってあなたとの関係が益々、強められますようにお祈りします。

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com