top of page
  • HCCnichigo

2021年1月17日ディボーション

旧約聖書:Ⅱ列王記4章 


 エリシャは、エリヤから預言者としてのバトンを受け取り、数々の奇跡を行う。奇跡の預言者とも言われている。

 私たちは、人間の科学では解明できない不思議なことが起こった時に、それを「奇跡」と呼ぶ。だから、千年前の人類が、現在の世界をみたら、それこそSF映画以上の奇跡の世界だと思うだろう。しかし、今の私たちは、画面上で相手の顔を見てやり取りしているのを奇跡とは感じないし、飛行機が空を飛んでいるのを見ても奇跡とは思わないだろう。

 奇跡とは、人間の側から見た表現であって、神にとっては奇跡とは言わない。それは神の御業なのだ。あえて奇跡と呼ぶのであれば、神の御業はすべて奇跡と言うことになる。私たちの現代科学で解明できる、できないにかかわらず、神の御業が奇跡なのだ。神は、エリシャを通して神の御業を現わしたのである。

 このような奇跡物語を読むときに心に留めておきたいことは、その神の御業にどのような意味があるのかということだ。この4章における、空の器に注がれた油、死んだ子供が生き返った、煮物から毒素が消えた、パンの奇跡、これからの奇跡を通して神は今の私に何を語っているのか、そこに込められた神からのメッセージを汲み取ることが大事なことだ。

 今朝のメッセージで語られた、4章1節から7節の空の器に油が注がれたという奇跡は、窮地に陥った未亡人と子供たちへの、主の憐みから始まっている。そして、器を私たち自身のこと、油を神の恵みと祝福と解釈し、主からのメッセージを受け取っている。このように比喩的に解釈するときには、強引な解釈にならないように注意が必要だが、主からのメッセージとして奇跡物語を読むことが出来る。

語られたこと

 神の奇跡(御業)は、今も日々、行われている。この大自然の営みも、寸分の狂いもない太陽と地球の距離、惑星の運行、宇宙自体が神の奇跡である。そして今日私たちが生かされていることも奇跡であるし、さらに私たちが、神の子供とされ、神と共に生きているのも、最大の奇跡であると思う。

 この神の奇跡(御業)に、もっともっと目が開かれ、神を讃える者でありたい。


祈り

 天の父なる神さま。どうぞ、あなたの奇跡に、あなたの御業に、目を開かせてくださって、主の栄光を見ることの出来る者としてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page