• HCCnichigo

2021年1月16日ディボーション

Ⅱ列王記3章


『ミラクル!? 主の目には小さなことです。』


 ●学び:


 エリヤから2倍の霊を与えられ、頼もしい後継者として召命を歩み出すエリシャーー。この3章から、私たちはエリシャのミラクルに遭遇する。

 登場人物は4人の王ら。北イスラエルのヨラム王と、ヨラムに納める年貢を拒否するモアム王、そして当時まだ同盟関係にあった南ユダのヨシャファテ王と近隣のエドム王だ。

 モアム王の反乱を怒ったヨラム王が、南ユダに援軍を頼み、モラム退治に出陣したのだが、回り道を選んでしまったため、敵の陣営に着く前に飲み水がなくなってしまった。

 困った王たちは主のみこころを伝える預言者を求め、エリシャの存在を知った。しかしエリシャはバアル信仰をやめない北イスラエルに嫌悪していたので一度は断った。それでも気を取り直して竪琴の音色で(ダビデのように)鎮まると、主のみことばが下った。

「主がこう言われるからです。『風を見ず、大雨を見なくても、この涸れた谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、動物もこれを飲む。』これは主の目には小さなことです。」(3:17・18)と、エリシャ。

 主の目には小さなこと! 枯れ地に水をあふれさせるミラクルは、神さまにとっては奇跡でもなんでもないこと。神さまは水という、必要の満たしをただただ与えてくださっただけ。

 だって神さまが人間になって、十字架にかかって死んでくださるなんて、奇跡の10倍返しのような御技をしてくださったのだから。

 三浦綾子さんの小説「ちいろば先生物語」の一節に、「神さまにとって癌を治すのも風邪を治すのも一緒のことなんだよ」というのがあって、平易ながらなんと的を得た名言なんだとアーメンしたことがあった。

 北イスラエルは内戦に勝ったものの、戦乱は続く。


●祈り:


 愛する天の神さま、いつも私たちの必要を満たしてくださってありがとうございます。与えられた水が、時に不服であっても試練であったとしても、どうか受け取ることができますように。神さまを信じて、与えられた水を従順に飲むことができますよう、私を整えてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月7日ディボーション

Ⅱ列王記25章 とうとう列王記の最終章まで来た。18章では北イスラエル王国の滅亡が記されていたが、南ユダ王国は、その136年後、BC586年に神殿が完全に破壊され、民はバビロン帝国の捕囚となって引かれていくことになった。 目の前で北王国が滅亡したのを見ながら、136年の猶予期間がありながらも南王国は悔い改めることがなかった。 この歴史が、聖書の中に記されていることの意味は何だろうか? 何のために、

2021年2月6日ディボーション

Ⅱ列王記24章 『祝福のための捕囚』 ●学んだこと: 世界史の教科書に必ず載っている”バビロン捕囚”の史実の始まりだ。ユダ王国の民がバビロンに囚われていくのは計3回。この24章には紀元前598年に行われた1回目の捕囚のようすが記されている。 捕虜となったのはユダの王エホヤキン。ともに捕囚されたのは母、家来、高官などすべての有力者や職人など一万人に及んだ。ただし貧しい民衆は連行の対象にならなかった(

2021年2月5日ディボーション

列王記第二23章 『みことばの力』 律法の書(契約の書)が主の宮で発見された。主の目にかなった王、ヨシヤ王はここにあるみことばに突き動かされて、改革を始めていく。 ここから先は、読んでいて実に気持ちが良い。それまでの黒歴史に刻まれた偶像の数々、主の目に悪と見えるものが次々と一掃されていく様が記されている。 王と民の前で朗読された契約の書のことばによって、神の契約は再びヨシヤ王の治世に呼び覚まされた