top of page
  • HCCnichigo

2021年1月15日ディボーション

列王記第二2章  


『神様の時の中で…』


 気が気ではない。この章で、エリヤは天に上げられてしまうのだ。それは、この地上の生涯を去ることを意味する。

 エリヤもエリシャも、この神の時を知り、どこか落ち着かない。敬愛するエリヤと少しでも長く一緒にいたいエリシャの心が見事なまで描写されている。

 ベテルの預言者たちもエリコの預言者たちも彼に言う。

「今日、主があなたの主人をあなたから取り上げられることを知っていますか。」

 エリシャは答える。

「私も知っていますが、黙っていてください。」


 気が気ではない。


 一方のエリヤもその日を知って、何度も移動を繰り返しては、その都度、エリシャに言う。

「ここにとどまっていなさい。」

 たくさんの思いが詰まって発せられた、意味深いことばだ。


 しかし、どうしてもエリヤから離れることのできないエリシャとの二人の間を、ついに火の戦車と火の馬がエリヤを迎えるようにして現れる。そして、エリヤは竜巻に乗って天に凱旋していったのだ。


 偉大な神の人エリヤが目の前からいなくなり、一人になってしまったエリシャ。しかし彼はその後、エリヤの約束通り、エリヤの神が、私の神として生きておられることを知り、「エリヤの後継者」という召命を歩み出す。


天のお父様、

あなたは、とこしえに私の神です。神の時は、私には分かりません。ですから、気が気ではない気持ちが、私にも分かります。

しかし、主よ、あなたは私の思いを超えて、計画と召命を与えてくださるお方であることを、今日教えてくださり、感謝します。

とこしえからとこしえまで、あなたのうちを歩ませてください。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page