top of page
  • hccnichigo

2021年1月10日ディボーション

旧約聖書:1列王記19章 

 前章の18章では、エリヤ対450人のバアルの預言者の対決が記されている。そこで大勝利を収めたエリヤであったが、イゼベルに殺害予告をされ、彼は自分の命を守るために逃げていく。

 1人荒野に入ったエリヤは、神に「いのちを取ってください」と訴える。この時のエリヤの状態は、現代で言えば燃え尽き症候群(バーンアウト)、あるいは鬱と言えるだろう。

 火種が少しでも残っていたら、息を吹きかければまた燃え出すが、完全に灰になってしまったら、もう燃えることはできない。まさに燃え尽きてしまった状態に陥ってしまった。


 このエリヤの「もう十分です、わたしの命を取ってください」という叫びは、私たち現代人の叫びでもあるだろう。エリヤは自死を覚悟して、荒野で眠りに入る。荒野で眠ることは死を意味している。

 このエリヤに対して、神はみ使いを遣わし、彼に触れてくださった。まず触れてくださったのだ。この手の温もりから、神の優しさが伝わるようだ。昔から「手当」と言うように、手を触れることは、癒しをもたらす。ましてやみ使いの手である。

 そして「起きて、食べなさい」と言われ、パンと水を備えてくださった。「いのちを取ってください」と願うエリヤに対しての、これが神の応えだ。つまり「生きよ」ということだ。この荒野において、起きること、食べることは、生きることを意味している。

 神は、エリヤの状態を分析したり、診断したり、燃え尽きた原因を見つけ、解決策を提示することはしない。ただ触れて、パンと水を置いてくださったのだ。

 そして、エリヤは、そのパンと水に力を得て、40日40夜歩いた。彼は目的をもって歩いたわけではない、ただ彷徨ったのだ。しかし着いた所は、神の山ホレブであった。彷徨っているように見えて、実は神が道となって、確かに「導いていたのだ」。私たちは、神の手の平の上にある。神が共にいてくださるのだ。

 そして、ホレブ山で、神はエリヤに語り、新しい使命を与えるのだ。 


語られたこと

 私たちも、この厳しい世の現実の中で、燃え尽き、鬱になることがある。そんな時、神は、私たちに触れ、生きる力を与えてくださる。枕許に置かれたパンと水、それを受け取る者でありたい。「生きよ」と言われる神に、生きる道を選べる者でありたい。


祈り

 天の父なる神さま。どうぞ、今も私の枕もとに置かれたあなたの恵みを、ただ受け取ることができますように。そして生きることを選べる者でありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page