• HCCnichigo

2021年1月10日ディボーション

旧約聖書:1列王記19章 

 前章の18章では、エリヤ対450人のバアルの預言者の対決が記されている。そこで大勝利を収めたエリヤであったが、イゼベルに殺害予告をされ、彼は自分の命を守るために逃げていく。

 1人荒野に入ったエリヤは、神に「いのちを取ってください」と訴える。この時のエリヤの状態は、現代で言えば燃え尽き症候群(バーンアウト)、あるいは鬱と言えるだろう。

 火種が少しでも残っていたら、息を吹きかければまた燃え出すが、完全に灰になってしまったら、もう燃えることはできない。まさに燃え尽きてしまった状態に陥ってしまった。


 このエリヤの「もう十分です、わたしの命を取ってください」という叫びは、私たち現代人の叫びでもあるだろう。エリヤは自死を覚悟して、荒野で眠りに入る。荒野で眠ることは死を意味している。

 このエリヤに対して、神はみ使いを遣わし、彼に触れてくださった。まず触れてくださったのだ。この手の温もりから、神の優しさが伝わるようだ。昔から「手当」と言うように、手を触れることは、癒しをもたらす。ましてやみ使いの手である。

 そして「起きて、食べなさい」と言われ、パンと水を備えてくださった。「いのちを取ってください」と願うエリヤに対しての、これが神の応えだ。つまり「生きよ」ということだ。この荒野において、起きること、食べることは、生きることを意味している。

 神は、エリヤの状態を分析したり、診断したり、燃え尽きた原因を見つけ、解決策を提示することはしない。ただ触れて、パンと水を置いてくださったのだ。

 そして、エリヤは、そのパンと水に力を得て、40日40夜歩いた。彼は目的をもって歩いたわけではない、ただ彷徨ったのだ。しかし着いた所は、神の山ホレブであった。彷徨っているように見えて、実は神が道となって、確かに「導いていたのだ」。私たちは、神の手の平の上にある。神が共にいてくださるのだ。

 そして、ホレブ山で、神はエリヤに語り、新しい使命を与えるのだ。 


語られたこと

 私たちも、この厳しい世の現実の中で、燃え尽き、鬱になることがある。そんな時、神は、私たちに触れ、生きる力を与えてくださる。枕許に置かれたパンと水、それを受け取る者でありたい。「生きよ」と言われる神に、生きる道を選べる者でありたい。


祈り

 天の父なる神さま。どうぞ、今も私の枕もとに置かれたあなたの恵みを、ただ受け取ることができますように。そして生きることを選べる者でありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月31日ディボーション

Ⅱ列王記18章 18章9、10節「ヒゼキヤ王の第四年、イスラエルの王エラの子ホセアの第七年に、アッシリアの王シャルマネセルがサマリアに攻め上って来て、これを包囲し、三年後にこれを攻め取った。すなわち、ヒゼキヤの第六年、イスラエルの王ホセアの第九年に、サマリアは攻め取られた。」 この箇所は、歴史的な出来事が記されている。つまり北イスラエル王国が滅亡したということだ。その前から、少しづつ王国は削られて

2021年1月30日ディボーション

II列王記17章 『旧約の神さまの痛み』 ●学んだこと: アブラハムから始まったイスラエルの歴史、その終焉の章である。 カナンの地でヤコブがイスラエルの名を拝したのは、史実としては紀元前1700年ごろ。飢饉から逃れてエジプトに移住、一族は12部属に分かれて子孫を増やした。そして神さまが遣わしたモーセが、エジプト脱出を救済。それが前1280年ごろ。 この章でのできごとは前722年ごろのことだから、イ

2021年1月29日ディボーション

列王記 第二 16章 『まことの神に信頼する』 ここに登場するのは、南ユダ王国12代目の王様アハズだ。彼のことは、2~3節にまとめられている。16章は悲しきかな、主なる神様からどんどんと離れていき堕落していくアハズ王の様が描かれている。 振り返れば、イスラエル王国が分裂して、もう約200年になる。もともとは一つの国、主の民だったのに、今では互いに争っている。 そのような争いの中で、アハズはついにア

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com