• HCCnichigo

2021年1月1日ディボーション

Ⅰ列王記10章  まことの知恵者


 シェバの女王は、難問を抱えてはるばるエルサレムにやって来た。それは、ソロモンの名声を耳にしたからだ。


 女王は心にあるすべての問いを、ソロモンにぶつけた。ソロモンは見事にすべて答えていく。ここには他国の女王が、ソロモン王と王国に驚嘆する様が見事に描かれている。

 女王は、ソロモンの知恵、そして彼を取り巻く人々や建物すべてに圧倒された。聖書には、それらを見て「息も止まるばかりであった。」(5節)とある。


 そして、女王は言う。

「なんと幸せなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんと幸せなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことができる、このあなたの家来たちは。」(8節)


「なんと幸せなことでしょう。」心からそう思ったのだろう。神の知恵を授かるソロモンは、ここまで他国の女王を唸らせたのだ。


 そして、驚くべきは、この女王の口から「あなたの神」即ち「イスラエルの神」に対する賛美が溢れている事実である。「あなたの神、主がほめたたえられますように。」

 知恵は、他国人に神を指し示した。そして、神への賛美を生み出した。


 イエス様は言われた。

「彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果てから来たからです。しかし見なさい。ここにソロモンにまさるものがあります。」(マタイ12:42)


イエス様、今、私はあなたのもとに参ります。聞かせてください。まことの知恵なる主よ、私をあなたへと、あなたへの賛美へと招き入れてください。アーメン。

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月31日ディボーション

Ⅱ列王記18章 18章9、10節「ヒゼキヤ王の第四年、イスラエルの王エラの子ホセアの第七年に、アッシリアの王シャルマネセルがサマリアに攻め上って来て、これを包囲し、三年後にこれを攻め取った。すなわち、ヒゼキヤの第六年、イスラエルの王ホセアの第九年に、サマリアは攻め取られた。」 この箇所は、歴史的な出来事が記されている。つまり北イスラエル王国が滅亡したということだ。その前から、少しづつ王国は削られて

2021年1月30日ディボーション

II列王記17章 『旧約の神さまの痛み』 ●学んだこと: アブラハムから始まったイスラエルの歴史、その終焉の章である。 カナンの地でヤコブがイスラエルの名を拝したのは、史実としては紀元前1700年ごろ。飢饉から逃れてエジプトに移住、一族は12部属に分かれて子孫を増やした。そして神さまが遣わしたモーセが、エジプト脱出を救済。それが前1280年ごろ。 この章でのできごとは前722年ごろのことだから、イ

2021年1月29日ディボーション

列王記 第二 16章 『まことの神に信頼する』 ここに登場するのは、南ユダ王国12代目の王様アハズだ。彼のことは、2~3節にまとめられている。16章は悲しきかな、主なる神様からどんどんと離れていき堕落していくアハズ王の様が描かれている。 振り返れば、イスラエル王国が分裂して、もう約200年になる。もともとは一つの国、主の民だったのに、今では互いに争っている。 そのような争いの中で、アハズはついにア

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com