2021年09月30日 ディボーション

詩篇第一巻 29篇


The Voice of Yahweh


 このダビデの賛歌は、天上のすべての存在を想いながら、私たちが主を礼拝するとき、主の聖なる名ヤハウェにすべての栄光と力を帰するように呼びかけることから始まります。

 そしてダビデは、ヤハウェの御声を大胆に宣言します。

 1) すべての水の上にあり、2) 力強く、3) 威厳に満ちており、4) レバノン杉を打ち砕き、5) 火の炎を放ち、6) カデシュの荒野を揺り動かし、7) 鹿に産ませ、8) 大森林を裸にする。  

 次に、詩篇の冒頭と同様に、神の宮にいる全員が、大水の上にいて永遠に支配する王であるヤハウェの「栄光」を宣言します。この詩篇は、ヤハウェにご自分の民に力を与え、民にシャロームの祝福を与えてくださるようお願いして終わります。 


 この詩篇が特別なのは、「ヤハウェ」という神名が18回も出てくることです。今日、多くのユダヤ人は神の名を使うことを避け、アドナイやハシェムなどの言葉で代用していますが、ダビデ王は遠慮しませんでした。ダビデは大胆にも18回も神の名を宣言しました。

 また、ダビデは、全知全能で、すべての力を持ち、威厳があり、さらに命を生み出すヤハウェの御声を7回も表現しました。私たちは、宇宙が創造されたのは、実に神のことばによるものであったことを思い起こします(創世記1:1-31)。

 ヨハネの福音書はさらにこう宣言しています。「初めにことばがあり、ことばは神とともにあり、ことばは神であった。彼は神とともに初めからいた。万物はこの方によって造られ、この方によらずに造られたものは何一つなかった」(ヨハネ1:1-3)。

 私たちはキリストの体として、この御言葉と個人的な関係を持っています。 

 

 日々の生活の中で、ふと立ち止まり、周りを見渡してみると、私たちが見るもの、聞くもの、感じるもの、呼吸するもの、すべてが神のことばによって創造されたことに気づかなければなりません。私たちの存在そのものが神のおかげであり、私たちもまた神によって愛をもって創造されたのです。

 私たちは、これらの真実を心に刻む必要があります。これらの絶対的で、決して変わることのない聖書の真理を黙想する必要があります。神がどれほど偉大で、私たちがどれほど神にすべてを委ねているかを本当に理解したとき、私たちは神の栄光を宣言し、顔を伏せ、神を礼拝せずにはいられません。これが、ダビデが詩篇29篇を書いたときの心境です。


 天のお父さま、あなたが誰であるかを思い起こさせてくれるこの素晴らしい出来事に感謝します。父よ、私たちにとって完璧な地球を創造してくださってありがとうございます。父よ、あなたのイメージで地球上のすべての人々を創造してくださったことを感謝します。父よ、この素晴らしい人生をありがとうございます。あなたはすべてを創造する神です。すべての栄光はあなたのものであり、神であるあなただけのものです。私たちはあなたの偉大で聖なる御名を讃えます。どうか、これからも私たちを謙虚に保ち、あなたが私たちのためにしてくださったこと、これからもしてくださることを決して忘れず、いつも覚えていられるようにしてください。ありがとうございます、父よ。私たちはあなたを愛しています。

In Jesus Name we pray, Amen.


The Voice of Yahweh

 

Psalm 29, another Psalm of David, begins by calling all heavenly beings to give (attribute) all glory and strength to His holy name, Yahweh, as we worship Him. David then boldly declares that the voice of Yahweh: 1) is over all the waters, 2) is powerful, 3) is full of majesty, 4) breaks the cedars of Lebanon, 5) flashes forth flames of fire, 6) shakes the wilderness of Kadesh, 7) makes the deer give birth, and 8) strips the forests bare. Next, similar to the beginning of the Psalm, everyone in God’s temple declares “glory” to Yahweh, the King that over the flood that rules forever. This psalm ends by asking Yahweh to give His people strength and bless His people with Shalom.

 

What makes this Psalm so extraordinary is that it mentions the divine name “Yahweh” 18 times. Although many Jewish people today avoid the use of the divine name, replacing it with terms such as Adonai and Hashem, King David did not hold back. David boldly declared the Name of God 18 times. In addition, David described the omniscient, all powerful, majestic, and also life-creating voice of Yahweh 7 times. We are reminded that indeed, it was through God’s Word that the universe was created (Genesis 1:1-31). The Gospel of John further declares: “In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. He was in the beginning with God. All things were made through Him, and without Him was not any thing made that was made” (John 1:1-3). As the body of Christ, we all have a personal relationship with this Word; the Word through whom the universe was created, and His name is Jesus Christ. 

 

As we go through the daily routines of our lives, we must make time stop, look around us, and notice that everything we see, hear, feel, and breathe was created through God’s spoken word. We owe our very existence to God as we too were lovingly created by Him. We need to let these truths sink in. We need to meditate on these absolute, never-changing, biblical truths. When we truly realize how great God is and how we owe everything to Him, we cannot help by declare His glory, fall down on our faces, and worship Him. This was David’s heart when he wrote Psalm 29.

 

Thank you Father for this wonderful reminder of who You are. Thank you Father for creating an earth that is perfect for us. Thank you Father for creating all of earth’s people in Your image. Thank you Father for this wonderful life. You are the God who creating everything. All glory belongs to You, and only You, God! We praise Your great and holy Name! Please continue to keep us humble and let us never forget, always remembering, all that You have done, and continue to do for us. Thank you Father. We love you! In Jesus Name we pray, Amen. 



閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱